メディア

【ハンバーガー】「パティ(お肉)」がおいしいと思うハンバーガーチェーン店はどこ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「マクドナルド」や「モスバーガー」など、さまざまなチェーン店で提供されているハンバーガー。バンズや野菜、トッピングなどお店ごとに創意工夫が凝らされていますが、味の決め手はやっぱりパティ(お肉)、という方も多いのではないでしょうか。

 そこで今回は、「『パティ』がおいしいハンバーガーチェーン店はどこ?」というアンケートを行います。あなたが思う、パティがおいしいと思うチェーン店を教えてください! それでは、ハンバーガーチェーン店から3店舗を紹介します。

画像は「写真AC」より引用
advertisement

マクドナルド

 アメリカで生まれた「マクドナルド」は、今や世界各国に展開している巨大ハンバーガーチェーン。日本では1971年に東京・銀座に1号店がオープンし、いまも老若男女問わず多くの人に愛されています。

 そんなマクドナルドのパティは、創業時から50年以上にわたって「ビーフ100%」にこだわっていることが特徴。卵やパン粉といったつなぎは使用していないため、オーストラリアやニュージーランド、アメリカで育てられた健康な牛肉そのものの味を堪能できます。また味付けもシンプルに塩コショウのみで、野菜やソースといった他の具材との相性も抜群です。

画像は「日本マクドナルド」公式サイトより引用
advertisement

フレッシュネスバーガー

 「フレッシュネスバーガー」は日本発のハンバーガーチェーン店で、1992年に東京大学駒場キャンパスの近くに1号店がオープンしました。「大人がくつろげるバーガーカフェ」というコンセプトを掲げており、店舗によってはモーニングメニューやアルコールなどを提供していることも。

 「フレッシュネスバーガー」では、肉の挽き方からこだわったクォーターパウンド(113g)のパティを使用しています。肉のうまみが堪能できる塩コショウのみ、というシンプルな味付けが定番。そのまま食べてももちろんおいしいですが、店内に設置してある世界各国のスパイスで好みの味にアレンジするのもおすすめです。

画像は「フレッシュネス・バーガー」公式サイトより引用
advertisement

KUA`AINA(クア・アイナ)

 1975年にハワイのオアフ島で生まれた「KUA`AINA(クア・アイナ)」。ハワイ語で「田舎の土地、田舎出身の人」という意味の店名のとおり、ハワイの小さな田舎町から始まったお店です。

 そんな「クア・アイナ」では、溶岩石のグリルを使ってパティをじっくりと焼き上げた、うまみがギュッとつまったパティを楽しめます。創業者から伝わる「秘伝のスペシャルスパイス」を振りかけて味付けを行っているのもポイント。パティのサイズは1/4LB(約113g)、1/3LB(約150g)、1/2LB(約230g)から選ぶことが可能で、お肉をがっつり食べられるのもうれしいですよね。

 ちなみに、「クア・アイナ」では、ボリューミーなハンバーガーが上下分かれた状態で提供されるのが特徴。上下を合わせてぎゅっと圧縮するも良し、上下別々に食べるも良し、自分好みの食べ方で味わう事ができます。

画像は「クア・アイナ」公式サイトより引用
advertisement

「パティ」がおいしいハンバーガーチェーン店はどこ?

 以上、ハンバーガーを提供しているハンバーガーチェーン店から、3店舗のパティを紹介しました。このほかにも「モスバーガー」や「バーガーキング」など、さまざまなお店がこだわりのパティを提供していますよね。

 それでは、下のアンケートよりパティがおいしいと思うハンバーガーチェーン店に投票をお願いします! また、選択肢にないチェーン店に投票したい場合は、「その他」に投票のうえ店名をコメントで教えてください!

advertisement

アンケート

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.