メディア

「チェッカーズ」のシングル曲人気ランキングTOP32! 1位は「I Love you,SAYONARA」【2021年投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、6月19日から7月2日までの間、「チェッカーズのシングル曲で好きなのは?」というアンケートを実施していました。

 福岡で結成され、1980年代にビジュアルと音楽性があいまって、アイドル的な人気を得ていたチェッカーズ。そのブームは社会現象となり、多くの若者に影響を与えました。

 今回の投票では、4680票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは早速、結果を見ていきましょう。

チェッカーズ ベスト BHST-135"

チェッカーズ ベスト BHST-135

チェッカーズ
1,426円(05/20 17:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第10位:Blue Moon Stone

 第10位は「Blue Moon Stone」。メンバーの1人・藤井フミヤさん(当時は藤井郁弥さん)が出演したトヨタ自動車の乗用車「スプリンターマリノ」のCM曲にも起用されました。コメント欄には「両手広げすべてを受けとめよう。嫌なことを避けていた私の心を開いてくれたフレーズ」「思い出があるのはBlue Moon Stone。大学の先輩にマリノ乗せてもらってウキウキしました」といった声が寄せられました。

advertisement

第9位:Cherie

 第9位は「Cherie」。藤井フミヤさんが出演していたテレビドラマ「オイシーのが好き!」の中の男女関係をイメージした歌詞が特徴です。作曲を手がけたのは鶴久政治さん。コメント欄では「切なさと爽やかさと透明感が渋滞して溢れ出てるところが大好きです」「フミヤの甘い歌声が心に沁み渡る」といった声が聞かれました。

advertisement

第8位:素直にI’m Sorry

 第8位は「素直にI’m Sorry」。喧嘩して意地を張ってしまっても、相手の笑顔や寝顔を見た途端、素直に謝りたくなってしまう、そんなキュンとする歌詞が魅力のラブソングです。コメント欄には「素直にI’m Sorryが、イチオシです」「歌いながら笑っているようなところが本当に好きです」といった声が寄せられました。

advertisement

第7位:Room

 第7位は「Room」。付き合っていた相手と別れた寂しさを歌った切ないバラードです。有線放送やカラオケで人気を集め、ロングヒットを記録しました。コメント欄では「実体験とリンクするRoomに一票」「何度聴いてもかっこいい」など、過去の思い出や色あせない魅力を振り返る声が聞かれました。

advertisement

第6位:夜明けのブレス

 第6位は「夜明けのブレス」。藤井フミヤさんが結婚した時期に発売された楽曲で、恋心をストレートに歌った歌詞が特徴です。コメント欄には「十音楽団のコンサートで最後にマイクを外して♪君のことを守りたい♪のフレーズを歌ってくれた時に涙が溢れて止まりませんでした」といった声が寄せられました。

advertisement

第5位:Song for U.S.A.

 第5位は「Song for U.S.A.」。チェッカーズが主演した同名の映画の主題歌です。“君”と一緒に過ごした時間に思いをはせる、そんな切なくも尊い思いを歌い上げたような歌詞が印象的な1曲です。コメント欄では「今でもカラオケで必ず歌う名曲」「Song for U.S.A.を歌っていた時の衣装や髪型なども含めて、この時の郁弥さんが好き」といった声が聞かれました。

advertisement

第4位:ミセス マーメイド

 第4位は「ミセス マーメイド」。夏の恋模様を歌った切ない歌詞と、思わず体が動いてしまうような旋律が特徴の1曲です。コメント欄には「歌詞も曲もフミヤさんの歌唱も色っぽくてほんとに素敵です」「歌詞からもせつない情景が目に浮かび、1つのドラマを見ているような気分になります」といった声が寄せられました。

ミセスマーメイド"

ミセスマーメイド

250円(05/20 17:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第3位:星屑のステージ

 第3位は「星屑のステージ」でした。得票数は336票、得票率は7.2%。藤井フミヤさんの歌声が響き渡るイントロや、もういない“お前”に対する切ない思いを綴った歌詞が印象的な1曲で、テレビドラマ「うちの子にかぎって…」の主題歌にも起用されました。

 コメント欄では「テレビで初めて聞いた時、フミヤの声とバンドの音に衝撃を受けた」「せつなそうに空を見上げながら星屑を歌うフミヤの姿が忘れられません」など、当時の思い出を振り返る声が聞かれました。

advertisement

第2位:ジュリアに傷心

 第2位は「ジュリアに傷心」でした。得票数は447票で、得票率は9.6%。大ヒットを記録した1曲で、桃井かおりさんや細川たかしさんなどにもカバーされました。曲名を知らなくても、歌い出しの「キャンドル・ライトが~」の歌詞とメロディは、誰もが1度は聞いたことがあるでしょう。

 コメント欄には「初めてジュリアに傷心を聴いた瞬間に、まるでハートを撃ち抜かれたような衝撃を受けた感覚を今でも覚えてます」「ベストテンで歌ってるのを、ラジカセを近づけて録音して、スピーカーに耳をくっつけてキュンキュンしながら聴いてた」など、熱い思いが寄せられました。

advertisement

第1位:I Love you,SAYONARA

 第1位は「I Love you,SAYONARA」。得票数は506票で、全体の10.8%の票を獲得しました。哀愁ただよう失恋ソングで、藤井フミヤさんの歌声はもちろん、透き通るようなサックスの音色も聞きどころの魅力あふれる楽曲です。

 コメント欄では、「初めてテレビで流れた大晦日だったかお正月に録画したビデオ、その後、初披露の夜ヒットのビデオは擦り切れるほど見ました」「イントロのサックスからとても印象的だったし、楽曲もそして郁弥さんの詞もグッとくる」といったエピソードを頂きました。

コメントで多かったのは

 今回のアンケートでは、約150件のコメントをいただきました。その中には、「選べない……複数選べるやり方にして欲しかったくらい……」「もう全部好きだから選べない」など、1曲にしぼれないという声がたくさん見られました。

 また、アルバム曲の「Long Road」を推す声も多く寄せられました。「アルバム曲だけど、解散コンサートのLong Road聴くと泣けてきます」「解散コンサートの時、フミヤ君が泣いて歌えなくなってしまって、ファンは、フミヤ君の代わりに泣きながら大声で歌ったのを、思い出します」など、解散コンサートの思い出とともに推薦する書き込みがありました。たくさんのコメント、ありがとうございました!

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.