メディア

「男性タレントCM放送回数」ランキングTOP20! 1位は「​斎藤工」さん【​2021年上半期】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 旬の芸能人や幅広い人気を集める芸能人が出演するテレビCM。人によっては複数社のCMに出演していることもあり、その人気度の高さがうかがえる一種のバロメーターともいえますよね。

 そこで今回は、テレビ番組やCMのテキストデータベースを提供する「エム・データ」が発表した、「​2021年上半期TV-CMタレントランキング」を紹介します。このランキングは、2021年1月1日から2021年6月30日までに、東京地区の地上波キー局(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ)で放送されたテレビCMに出演・登場した人物を対象としています。今回は、「放送回数ランキング(男性)」を見ていきましょう。

(出典元: ​エム・データ

advertisement

第3位:大泉洋(TEAM NACS)

 第3位は、演劇ユニット「TEAM NACS」の一員として、数々のドラマや映画で活躍中の大泉洋さんでした。「TEAM NACS」として出演しているCMも合わせると、放送回数は​5839回で、合計93915秒の出演となりました。

 個人での出演は9社で、ソニーネットワークコミュニケーションズ、ダイハツ、ヤクルト、サントリーなど、ジャンルを問わずさまざまなCMに出演中。「TEAM NACS」で出演中のものを合わせると合計10社のCMに登場しており、「会社数ランキング(男性)」では、松岡修造さんと並び1位となっていました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
騙し絵の牙 Blu-ray豪華版(特典DVD付)"

騙し絵の牙 Blu-ray豪華版(特典DVD付)

大泉洋, 松岡茉優
4,112円(10/18 09:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:出川哲朗

 第2位は、バラエティ番組で「リアクション芸人」として愛される出川哲朗さん。放送回数は6811回で、合計102360秒の出演となりました。

 出川さんは永谷園やワイモバイル、サントリーなど、数々のCMでその存在感を発揮。ワイモバイルのCMではバカボンのパパ役として出演しており、バカボン役の芦田愛菜さんやイヤミ役の片岡愛之助さんらとともに、軽やかなダンスを披露しています。

advertisement

第1位:斎藤工

 そして第1位は、俳優としてドラマや映画で活躍中の斎藤工さんでした。放送回数は7528回で合計124215秒の出演となりました。

 斎藤さんは、インディードやアサヒビール、ニップンなど9社のCMに出演しています。インディードのCMで共演している泉里香さんも4209回の出演で女性ランキング​12位となっていることから、契約社数の多さもさることながら、インディードのCMで大きく数字を伸ばしたことがうかがえます。

画像は「テレビ朝日」公式サイトより引用

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.