メディア

後継者不足に悩む都道府県ランキング! 1位は「沖縄県」【2020年度版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ネットやテレビでたびたび話題になる、中小企業の後継者不足。廃業する企業もあるほど深刻な問題です。2020年に帝国データバンクは、全国の企業における「後継者不在率」の動向を調査を行い、結果を公表しました。

 その結果をもとにした後継者不足に悩む都道府県ランキングを紹介します。しれでがまず、TOP3を紹介します。

(出典:帝国データバンク

画像は「写真AC」より引用
advertisement

第3位:山口県(75.3%)

 第3位にランクインしたのは「山口県」。数値は75.3%でした。

 深刻な後継者不足の解消に向け、2020年3月に「やまぐち事業承継マッチングサイト」を開設。山口県内の後継者不足に悩む事業者と、全国の事業継承希望者をつなぐ県独自のサイトとして活用されています。

画像は「写真AC」より引用
advertisement

第2位:鳥取県(77.9%)

 第2位は「鳥取県」でした。数値は77.9%。2位・3位いずれも中国地方からランクインする結果に。

 因州和紙や陶磁器などの伝統工芸をはじめ、評価の高い手仕事が多数あるものの、職人の高齢化と次の担い手がなかなか見つからず、存続の危機にあるものも少なくないようです。

画像は「写真AC」より引用
advertisement

第1位:沖縄県(81.2%)

 第1位は、「沖縄県」でした。全国平均である65.1%を大幅に上回る81.2%を記録し、全国トップにランクイン。2016年(86.2%)をピークに4年連続で減少傾向にありますが、依然として後継者不足は深刻です。

 沖縄県はホテルや飲食業などの観光業や、家具や窯業などの特産品に携わる人が多い地域。商工会議所や金融機関では、後継者不足に悩む中小企業に対して事業承継セミナーや個別相談会などを定期的に開催しています。

画像は「写真AC」より引用

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

advertisement

第47位:和歌山県(44.8%)

advertisement

第46位:三重県(44.9%)

advertisement

第45位:香川県(47.7%)

advertisement

第44位:茨城県(47.9%)

advertisement

第43位:徳島県(50.2%)

advertisement

第42位:熊本県(50.3%)

advertisement

第41位:鹿児島県(51.3%)

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.