メディア

「医学・歯学系で志願したい大学」ランキングTOP5! 関東の高校生が選んだ1位は「千葉大学」【2021年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年7月、リクルート進学総研が、高校3年生の大学に対する志願度やイメージを調査した「進学ブランド力調査2021」の結果を発表しました。今回はその中の「分野別志願度ランキング」から「医学・歯学」のランキングを見ていきましょう。まずは関東の高校生が選んだTOP3を紹介します。

(出典元:リクルート進学総研

advertisement

第3位:北里大学

 第3位は「北里大学」でした。細菌学者の北里柴三郎を学祖とし、1962年に北里研究所創立50周年を記念してつくられた大学です。「いのちを尊び、生命の真理を探究し、実学の精神をもって社会に貢献する」という理念のもと、社会の発展に寄与できる人材の育成に努めています。

 医学部のほかに理学部や医療衛生学部、海洋生命科学部などがあり、さらに感染症研究の拠点である大村智記念研究所や、海洋環境・海洋生物の研究を行う三陸臨海教育研究センターといった専門機関も併設。学問分野にとらわれない柔軟な教育と多面的視点による実践的な教育・研究に取り組んでいます。

advertisement

第2位:筑波大学

 第2位は「筑波大学」でした。1872年に設立された東京師範学校(後の東京教育大学)を前身とし、1973年に総合大学として開学しました。国内的にも国際的にも“開かれた大学”であることを建学の理念とし、豊かな人間性と創造的な知力を兼ね備えたグローバル人材の育成に尽力しています。

 医療や看護について学ぶ医学群には、医学類、看護学類、医療科学類があります。いずれの学類でも、“自分で問題を考え、解決する”力と方法を身につけ、医療現場の課題を適切に解決できる人材の育成に励んでいます。

advertisement

第1位:千葉大学

 そして第1位は「千葉大学」でした。1949年に千葉医科大学や千葉師範学校などを母体として設立された大学です。「つねに、より高きものをめざして」という理念のもと、世界をリードする教育・研究活動を通して社会に貢献することをめざしています。

 医療系の学部としては、医学部、薬学部、看護学部を設けています。医学部は基礎医学や臨床医学の分野で優れた実績を多く挙げており、日本・世界の医学をリードする多くの人材を輩出。看護学部では、学生自身の能力や学習意欲を尊重し、主体的に学ぶ姿勢を大切にした教育に取り組んでいます。

 関東、関西、東海それぞれの高校生が選んだTOP5は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.