メディア

マッチングアプリの市場調査してみた ユーザー数では「Pairs(ペアーズ)」と「Tinder(ティンダー)」が2強

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 近年、出会いの手段として一般的になった「マッチングアプリ」。株式会社ネオマーケティングの調査によると若者の5人に1人が「マッチングアプリ」を利用していると言われています。さらにアプリをきっかけにお付き合いをする人、結婚をする人も急増しているようです。

 今回は急激に普及している「マッチングアプリ」について、「eMark+」を使って調査・分析しました。

マッチングアプリランキング第1位はPairs(ペアーズ)

 「マッチングアプリ」とは、オンライン上で恋愛や結婚など、同じ目的をもつ者同士を繋げるアプリのこと。今回は、2020年5月のアプリランキングの『出会い』カテゴリ上位5つに絞って、ユーザー数や属性などを見てみたいと思います。アプリ利用者数のランキングの結果は以下の通り。

  • 第1位:Pairs
  • 第2位:Tinder
  • 第3位:with
  • 第4位:Omiai
  • 第5位:tapple
2020年5月度アプリランキング
※「Tinder(ティンダー)」のみ『ライフスタイル』カテゴリ
集計期間:2020年5月

 ちなみに、「マッチングアプリ」を含む検索をしているユーザーは増えてきており、特に2020年以降は、さらに検索数を伸ばしており需要が高くなっていることがうかがえました。

「マッチングアプリ」を含む検索ユーザー数推移
デバイス:スマートフォン
集計期間:2018年6月~2020年5月
advertisement

Tinder(ティンダー)の利用ユーザー数は前年比1.2倍に増加

 では、各アプリの利用ユーザー数推移を見てみましょう。トップは「Pairs(ペアーズ)」となっており、年間を通しても常に首位をキープしていました。2020年に入ってからは100万人超えとなっており“国内最大級の恋愛・婚活マッチングサービス”と謳っていることもあり、人気があることがうかがえました。

 2位は「Tinder(ティンダー)」。1年前と比較すると約1.2倍にまで増えており、着実に利用ユーザー数を伸ばしていることがわかります。

 3位以降は「with(ウィズ)」、「tapple(タップル誕生)」、「Omiai(オミアイ)」となっており、直近の利用ユーザー数においては拮抗していました。上位2アプリについては、3位以下を倍近く離す結果となりました。

 直近のユーザー数では、「Pairs(ペアーズ)」と「Tinder(ティンダー)」が2強となっているようです。

アプリ利用ユーザー数推移
デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年6月~2020年5月
advertisement

tapple(タップル誕生)、omiai(オミアイ)の男性比率が増加

 続いて、各アプリの属性を見てみましょう。性別では、全体的に男性割合の方が高く、どのアプリも半数以上となっていました。

 「Tinder(ティンダー)」に関しては、男性割合が圧倒的に多く8割を超えていることがわかりました。「tapple(タップル誕生)」も男性比率が高く7割弱となっていました。

アプリ利用者ユーザー属性:性別
デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年6月~2020年5月

 また、「tapple(タップル誕生)」と「Omiai(オミアイ)」は男性比率が徐々に増えていることがわかりました。

 「マッチングアプリ」は基本的には男性から料金をもらう仕組みとなっており有料会員にならないと女性に出会えないのですが、「tapple(タップル誕生)」は“男性でも無料で女性と出会えるところまで行くことが可能”なようで、これが男性比率増加の要因かもしれません。

「tapple(タップル誕生)」ユーザー属性推移:性別
デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年6月~2020年5月
「omiai(オミアイ)」ユーザー属性推移:性別
デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年6月~2020年5月

 年代別では20代が最も多くどのアプリも半数を超えていました。「Pairs(ペアーズ)」と「Omiai(オミアイ)」は他のアプリと比較して30代が多いようです。

アプリ利用者ユーザー属性:年代別
デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年6月~2020年5月

 職業別では『会社勤務』が5割以上となっていましたが、「Tinder(ティンダー)」、「with(ウィズ)」、「tapple(タップル)」は『学生』が2割弱と目立ちました。

 「マッチングアプリ」は婚活以外の恋活にも有効なのと、学生同士でつながれる機能などもあるようで学生にも利用者が多いようです。

アプリ利用者ユーザー属性:職業別
デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年6月~2020年5月
advertisement

半数以上のユーザーは本命のアプリに絞って利用

 続いて、先ほどの5つのアプリを対象に、アプリ利用者の併用率を見てみると、7割弱が併用せず1つのアプリのみを利用していることがわかりました。

 次に多かったは2つのアプリを利用している人で2割となっていました。半数以上のユーザーは複数のアプリを併用せず、本命のアプリに絞って利用しているようです。

併用サイト数
デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年12月~2020年5月

 また、年代別で見てみると、年代が上がるにつれ併用率が下がっていくこともわかりました。20代は2サービス以上の利用が38.5%、30代は33.1%、40代は28.0%、50代は23.8%、60代に至っては2割を切っており17.8%に留まっていました。

 高年齢層はよりサービスを絞って相手を探していることがうかがえました。

併用サイト数:年代別
デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年12月~2020年5月

 一方で、約3割のユーザーはアプリを併用していることになります。では、どのアプリがよく併用されているかを見てみましょう。

Pairs(ペアーズ)

 43.5%が併用なしで、他のアプリは同じ割合で利用されているようです。

Tinder(ティンダー)

 53.4%が併用なしで、他のアプリと比較して最も併用者が少ない結果となりました。よく併用されているアプリは「Pairs(ペアーズ)」となっていました。

with(ウィズ)

 36.6%が併用なしで、「Pairs(ペアーズ)」との併用が最も多かったです。

tapple(タップル誕生)

 29.5%が併用なしで最も併用者が多いアプリとなりました。一緒に利用されているアプリは「Pairs(ペアーズ)」でした。

Omiai(オミアイ)

 34.0%が併用なしで、「Pairs(ペアーズ)」との併用が最も高く48.7%となっていました。

 「Pairs(ペアーズ)」と「Tinder(ティンダー)」は約半数が併用していない一方で、「with(ウィズ)」、「tapple(タップル誕生)」、「Omiai(オミアイ)」は併用率が高く、ユーザーの獲得競争が激しい状況となっているようです。

 また、どのアプリも「Pairs(ペアーズ)」との併用が高いことがわかりました。

各アプリの併用状況
デバイス:スマートフォン
集計期間:2019年12月~2020年5月
advertisement

まとめ

 今回は「マッチングアプリ」について調査しました。利用ユーザー数が最も多く、他のアプリと併用されているアプリは「Pairsペアーズ)」となりました。また、併用されることが多くなく本命使いされているアプリは「Tinder(ティンダー)」でした。

 今後もマッチングアプリの市場規模は拡大することが予想されていますが、ユーザーをいかに囲い込めるかが重要と言えそうです。

advertisement

分析概要

 ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービスeMark+を使用し、2018年6月~2020年5月のネット行動ログデータを分析しました。

  ※アプリのユーザー数は、Androidスマートフォンでの起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
 ※アプリのカテゴリはGoogle Playのアプリカテゴリより取得。メール、Google Chrome、YouTube、Googleマップ、Gmailなどプリインストールアプリは対象外とする。

© VALUES, Inc. All rights Reserved.