メディア

隕石で作られた霊剣「流星刀」一般公開 「名前が素敵すぎる」「リアル斬鉄剣!」などSNSで話題

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 北海道小樽市の龍宮神社が、6月21日から短刀「流星刀」を一般公開して話題を呼んでいます。

 流星刀は明治時代の政治家・榎本武揚が刀工に頼んで製作してもらった刀。2017年、ひ孫の榎本隆充さんが、曾祖父が建立に関わった龍宮神社へ奉納しました。

 今回、龍宮神社は例大祭の本祭に合わせて、流星刀を一般公開。龍宮神社の公式webサイトによれば、霊剣の力が新型コロナウイルスの終息につながることを願って公開したそうです。

龍宮神社公式webサイトより引用

「流星刀」の評価は?

 SNS分析ツールで分析したところ、90%がポジティブな反応に分類されました。「ロマンある」「美しい」「見たい!」といった人が多く見られました。一方、10%はネガティブな反応となりました。人が集まり、新型コロナウイルスの感染が拡大しないか懸念する声などが聞かれました。

advertisement

「流星刀」の盛り上がりは?

 2020年6月16日から24日までのトレンドです。17日頃から一般公開のニュースがシェアされ出し、一部で話題となっていました。その後、公開翌日の22日に地元新聞社がネットで報じると、一気に盛り上がりました。

advertisement

「名前が素敵すぎる」「すごく美しかった」などSNSで反響続々

 公開された流星刀は、刃渡り19センチほどの短刀で、素材は富山県で発見された隕石「白萩隕鉄(しらはぎいんてつ)1号」を使用しています。榎本武揚が私財でこの隕石を購入し、刀工・岡吉国宗に依頼して製作してもらったそうです。

 SNSでは一般公開直後から注目を集めており、「名前が素敵すぎる」「ロマンありまくり」「見に行ってみたい」といった声が多く聞かれます。

 また見た人たちからは「綺麗だった!」「すごく美しかった」「隕石を日本刀にしちゃうなんて驚きの一品。良い物を見た」「流水みたいな見たことない模様してた」など、感動の声が続々挙がっています。

advertisement
advertisement

「リアル斬鉄剣」「流星刀といえば清川八郎」などの声も

 またSNSでは「これがリアル斬鉄剣か……」「初期ルパン漫画版で五ェ門が持ってた」「原作漫画では、隕石を材料として作った『流星(ながれぼし)』が五右ェ門が使う刀とされました」など、人気漫画・アニメ「ルパン三世」に登場する石川五ェ門の刀「斬鉄剣」を連想する声も多く聞かれました。

 その他にも「流星刀といえば清川八郎」「森雅裕さんの小説、好きだった」「サガフロにあったなぁ。取るの苦労した」など、流星刀に関わる歴史上の人物や小説、ゲームを連想する人が見られました。

 また人気オンラインゲーム「刀剣乱舞」のファンからは「実装されないかしら」「とうらぶやる前から流星刀好き……実装して」など、実装を望む声が止まりません。

 ちなみに流星刀は、長刀2振・短刀3振の5振が作られ、長刀は1振が大正天皇に献上され、もう1振は榎本武揚が創設した東京農業大学に所蔵されています。短刀は龍宮神社以外に富山市科学博物館が所有していますが、残り1振の所在は不明とのことです。

調査概要

調査期間2020年6月16日〜6月24日
調査対象Twitter
調査件数2366件(10%サンプリング)
調査キーワード流星
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正
Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.