メディア

【中山美穂】シングル曲人気ランキングTOP28! 1位は「You’re My Only Shinin’ Star」【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 7月29日から8月4日まで、ねとらぼ調査隊では「中山美穂のシングルで一番好きな曲は?」という人気投票を実施しました。

 投票対象は、中山美穂さんが発表したシングル曲から全30曲。公式サイトに掲載されているシングルをベースに選択肢を用意しました。選択肢以外の曲に投票したい場合は「その他」に投票していただき、コメントで曲名を教えてもらっています。

 今回のアンケートでは、3391票の投票をいただきました。上位にはどのシングル曲がランクインしたのでしょうか。さっそく結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:Rosa ローザ

 第10位は110票を集めた「Rosa ローザ」です。1991年に発売された22枚目のシングルで、中山さん本人が「一咲」というペンネームで作詞を担当しました。リリースされた1991年には「第42回NHK紅白歌合戦」に出演し、「Rosa ローザ」を披露しています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
Rosa"

Rosa

1,070円(07/01 05:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第9位:50/50

 第9位は111票を集めた「50/50」です。1987年に発売された10枚目のシングルで、小室哲哉さんが作曲を担当しました。当時のアイドルソングとしては珍しくカリプソ調のナンバーとなっています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第8位:遠い街のどこかで…

 第8位は113票を集めた「遠い街のどこかで…」です。1991年に発売された23枚目のシングルで、中山さん主演のドラマ「逢いたい時にあなたはいない…」の主題歌。累計で67万枚のセールスを記録して、発売当時はクリスマスの定番ソングとしてあらゆる場所で流れていました。

画像はAmazon.co.jpより引用
遠い街のどこかで…"

遠い街のどこかで…

250円(07/01 05:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第7位:WAKU WAKUさせて

 第7位は144票を集めた「WAKU WAKUさせて」です。1986年に発売された8枚目のシングルで、中山さん主演のドラマ「な・ま・い・き盛り」の主題歌でした。作詞は松本隆さん、作曲は筒美京平さんという昭和を代表するコンビが手掛けています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
WAKU WAKUさせて(オリジナル・カラオケ)"

WAKU WAKUさせて(オリジナル・カラオケ)

250円(07/01 05:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第6位:色・ホワイトブレンド

 第6位は167票を集めた「色・ホワイトブレンド」です。1986年に発売された4枚目のシングルで、中山さんが出演したCMの「資生堂春のキャンペーンソング」として起用されました。作詞作曲は竹内まりやさんが担当し、中山さんのシングルでは初めて売上が20万枚を超えるヒットに。東武鉄道佐野線の館林駅では、この楽曲が発車メロディなどで利用されています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
色・ホワイトブレンド"

色・ホワイトブレンド

250円(07/01 05:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第5位:JINGI・愛してもらいます

 第5位は186票を集めた「JINGI・愛してもらいます」です。1986年に発売された6枚目のシングルで、中山さん主演映画「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」の主題歌です。作詞は松本隆さん、作曲は小室哲哉さんが担当しました。不良を題材にした映画の主題歌でありながらも、歌詞では「ツッパリは時代遅れ」と表現したことで注目を集めました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
JINGI・愛してもらいます"

JINGI・愛してもらいます

250円(07/01 05:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第4位:ただ泣きたくなるの

 第4位は255票を集めた「ただ泣きたくなるの」です。1994年に発売された28枚目のシングルで、中山さん主演ドラマ「もしも願いが叶うなら」の主題歌に起用されました。日本のシングルで100番目のミリオンセラーシングルとしても有名です。

画像はAmazon.co.jpより引用
ただ泣きたくなるの"

ただ泣きたくなるの

250円(07/01 05:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第3位:世界中の誰よりきっと

 第3位は266票を集めた「世界中の誰よりきっと」です。1992年に発売された25枚目のシングルで、当時大ブレイクしていたバンド「WANDS」とコラボしたシングルです。オリコンの集計で183万枚を売り上げるミリオンヒットとなりました。メインボーカルを中山さん、コーラスをWANDSの上杉昇さんが担当していますが、2曲目の「世界中の誰よりきっと〈PART II〉」では、メインボーカルとコーラスが逆となるバージョンを聴くことができます。

画像はAmazon.co.jpより引用
世界中の誰よりきっと"

世界中の誰よりきっと

250円(07/01 05:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:CATCH ME

 第2位は294票を集めた「CATCH ME」です。1987年に発売された11枚目のシングルで、中山さん主演のドラマ「おヒマなら来てよネ!」の主題歌として起用されました。中山さんにとって初のオリコン週間1位を獲得した曲で、シンガーソングライターの角松敏生さんが作詞作曲を担当しました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
CATCH ME(Single Version)"

CATCH ME(Single Version)

250円(07/01 05:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第1位:You’re My Only Shinin’ Star

 第1位は723票を集めた「You’re My Only Shinin’ Star」です。1988年に発売された12枚目のシングルで、第30回日本レコード大賞・金賞を受賞しました。作詞作曲を角松敏生さんが担当しています。元々はアルバム「SUMMER BREEZE」に収録されていた楽曲でしたが、ファンからの要望が高く再レコーディングしてシングルバージョンとしてリリースされました。青山テルマさんやつるの剛士さんもカバーしています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
You're My Only Shinin' Star"

You’re My Only Shinin’ Star

250円(07/01 05:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.