メディア

“虹色の雲”「環水平アーク」が関東上空に出現 SNSで「自然現象って神秘的」「綺麗すぎて怖い……」など反響続々

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 6月26日、関東上空に「環水平(かんすいへい)アーク」が確認され、SNSで話題となっています。

 環水平アークは雲が虹色に輝く現象で、太陽の高度が46度以上の時にだけ観測できると言われます。上空高く浮かぶ雲に含まれる氷の結晶によって太陽光が屈折し、虹色の輝きを放つそうです。

 SNSには、環水平アークを見た人たちから、幻想的な雲の写真や感想が続々とアップされています。

advertisement

「環水平アーク」の評価は?

 SNS分析ツールで調べたところ、70%がポジティブな反応に分類されました。「綺麗」「すてき!」など美しさに感動する投稿が多く見られました。一方、30%はネガティブな反応となりました。こちらは「色が綺麗すぎて不安」「地震や異常気象の前触れみたいで怖い」といった声が聞かれました。

advertisement

「環水平アーク」の盛り上がりは?

 6月26日の0時から16時までのトレンドです。環水平アークが観測された10時ごろから、撮影した写真などの投稿が相次いで一気に盛り上がり、12時に最高潮に達しました。その後も継続して話題となっています。

advertisement

「すごく鮮やかだった」「神秘的」など、相次ぐ感動の声

 環水平アークが観測されたのは、午前10時ごろの関東上空。SNSでは実際に見た人たちから「すごく鮮やかで綺麗だった」「初めて見た! 綺麗だった!」「いいもの見たー!」「神秘的……」など感動の声が相次ぎました。

 また「まさに五色の雲で、ありがたい感じ」「ラッキーの予兆だと信じてます」「いいことあるかな」など、吉兆の印と感じた人もいたようです。同日にソニーミュージックとJYPの共同プロジェクト「Nizi Project」から新ユニット「NiziU(ニジュー)」の誕生が発表されており、ファンから「NiziU誕生を祝福する現象だわ」といった声も聞かれました。

 一方、出現していた時間は長くなかったため、見られなかった人も多かったようです。「外にいたよぉ……見たかった……」「綾瀬にいたのにぃぃぃ!」「待ち伏せてみたけど来ない……」など、残念がる声も多く聞かれます。

advertisement

「綺麗すぎて怖い……」「地震の予兆?」と不安がる声も

 幻想的な環水平アークに多くの人が感激の声を挙げる中、「綺麗すぎてなんか怖いな」「ここまで濃い虹だと不安になる」「バルゴンの虹光線みたいで怖い」など、恐怖を感じた人もいたようです。

 中には「地震の予兆じゃないこと祈るわ……」「地震の予兆って言うよね、気をつけないと……」「この虹と地震に科学的な因果関係は証明されてないらしいけど、それでも気になる」といった不安も聞かれました。

 地震と関連づける声が多いのは、その昔、椋平広吉(むくひらこうきち)という人物が「椋平虹」と呼ばれた特殊な虹から地震を予知した逸話によると考えられます。実際、SNSでは、今回の環水平アークを見て椋平虹を想像する声が多く聞かれました。前日の6月25日に千葉県北東部で震度5弱の地震があったのも一因と思われます。

 ただ、環水平アークと地震の間に直接的な関係があるという科学的な根拠は現状、無いそうです。

 ちなみにウェザーニュースによれば、環水平アークは、見えたらラッキーという珍しい現象のようです。今回見逃してしまった人は、次のチャンスに期待しましょう。

調査概要

調査期間2020年6月26日
調査対象Twitter
調査件数9148件(10%サンプリング)
調査キーワード環水平アーク
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.