メディア

感染者「連日50人超」の東京都、再び緊急事態宣言を出すべき?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 菅義偉官房長官は29日、東京都の新型コロナウイルス感染者数が前日に60人に上ったことについて、「直ちに再び緊急事態宣言を発出する、あるいは県をまたいだ移動の自粛を要請する状況に該当するものとは考えていない」と述べました(参考記事:朝日新聞デジタル)。

 東京都の感染者数は、23日~29日の1週間平均で1日当たり「51.9人」となり、都が定めたモニタリング指標の基準値「週平均で1日の感染者数が50人超」を上回る事態となっています。

再び緊急事態宣言を出すべきか?

 感染者数の増加が止まらない今、感染爆発の第2波を避けるべく、都に再び緊急事態宣言を出すべきだ、という声が見られます。

 一方で、ここで緊急事態宣言を出せば、一度は回復基調にあった経済活動が再度大きなダメージを受け、生活危機に陥る人々が多数出るとも予想されています。

 ねとらぼ調査隊では「東京都に再び緊急事態宣言を出すべきだと思いますか?」と題して、アンケートを実施します。ご協力よろしくお願いいたします。

東京都に再び緊急事態宣言を出すべきだと思いますか?
合計:1272票
実施期間:2020/06/29〜2020/07/28
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.