メディア

【堀ちえみ】あなたが一番好きなシングル曲は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1982年にアイドル歌手としてデビューした、堀ちえみさん。同年デビューのアイドルの中でもキュートで愛らしい雰囲気が魅力で、一躍人気アイドルへと成長しました。また、主演したドラマ「スチュワーデス物語」は社会現象を引き起こし、堀さんの知名度を一気に上げた作品です。

 ねとらぼ調査隊では、「堀ちえみさんのシングルで好きな曲は?」というアンケートを実施します。あなたが一番好きなシングル曲に、ぜひご投票ください!

 それでは、投票対象となるシングル曲の中から4曲を紹介します。

advertisement

稲妻パラダイス

 1984年4月にリリースされた10枚目のシングル「稲妻パラダイス」。シャンプーのCMソングに起用された、キュートで爽やかな印象の曲です。夏のビーチで男性と2人、突然のスコールに見舞われる中でどんどん彼に惹かれていくといった内容の歌詞に、ときめいた人も多いはず。

advertisement

東京Sugar Town

 「東京Sugar Town」は「稲妻パラダイス」に続く11枚目のシングルで、1984年7月にリリース。この楽曲で堀さんの人気が上昇し、1984年の「第35回NHK紅白歌合戦」で披露されました。

 夏の終わりを感じながら彼への甘い恋心を歌った「東京Sugar Town」は、かわいい曲調で堀さんの魅力ともベストマッチ。メロディもポップで、思わず口ずさみたくなるキャッチーさが人気のポイントかもしれません。

advertisement

クレイジーラブ

 1984年7月にリリースされた「クレイジーラブ」は、「東京Sugar Town」の次にリリースされた12枚目のシングル。「愛のランナー」との両A面シングルとして発売されました。歌番組やオリコンチャートでも軒並み上位を獲得した、堀さんの代表曲の1つとして知られています。

 これまでの愛らしい路線から少し変わり、大人っぽさを見せた「クレイジーラブ」。燃える女性の恋心を表現しており、メロディやアレンジも情感たっぷりの仕上がりです。

advertisement

リ・ボ・ン

 「リ・ボ・ン」は1985年1月にリリースされたシングルです。爽やかな女性から大人びた女性への成長を見せたこれまでの作品から、切なさを残した清楚系アイドル路線に転じた「リ・ボ・ン」は、多くの人の心に残る曲となりました。

 2020年8月には、テレビで舌がん手術後初となる「リ・ボ・ン」歌唱を披露。歌唱後には泣き崩れ、涙を流しながら感謝の言葉を述べていました。

advertisement

アンケート:あなたが一番好きな堀ちえみのシングル曲は?

 投票対象となる堀ちえみさんのシングル曲の中から、4曲を紹介しました。

 投票対象はシングル曲全25曲。当時の思い出や曲への思いがあれば、是非コメント欄に残してくださいね。それでは、以下のアンケートよりご投票よろしくお願いします!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.