メディア

「新選組の組長」人気ランキングTOP10! 2位の「沖田総司」を上回る1位は?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日9月28日は、新選組の隊士であった斎藤一の命日です。新選組の中でも、剣術において屈指の実力を持っていたと伝えられる斎藤一。寡黙な剣士として戊辰戦争や西南戦争でも活躍したのち、1915年9月28日に胃潰瘍のため、72歳で息を引き取ったと言われています。

 そこで今回は「新選組の人気の組長ランキング」(2021年8月・ねとらぼ調べ)の結果を見てみましょう。投票対象は、幕末に活躍した浪士隊「新選組」の各隊をまとめる、一番隊から十番隊までの組長10人。今回最も人気を集めた組長は?

advertisement

第2位:沖田総司

 第2位は沖田総司でした。得票数は181票、得票率は26.6%となっています。

 沖田総司は、新選組の一番隊組長です。9歳のころに天然理心流の道場「試衛館」に入門し、若くして塾頭を務めるなど才能を発揮しました。重要な任務をこなす精鋭ぞろいの一番隊で組長を務めるも、体調の悪化により若くして亡くなってしまいます。生年が明確でないため享年が諸説あり、創作物では「剣技に優れている一方、病弱の青年」として描かれることが多い人物です。

advertisement

第1位:斎藤一

 第1位は斎藤一でした。得票数は237票、得票率は34.8%となっています。

 斎藤一は、新選組の三番隊組長です。1863年に壬生浪士組が結成されると、斎藤は結成同日に加入。幹部選出において、20歳にして副長助勤に抜擢されたといわれます。後の三番隊組長となり、撃剣師範も務めました。2016年には53歳当時のものとされる写真が公開され、話題を呼びました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.