メディア

『北斗の拳』人気キャラランキングTOP37! 2位の「ジュウザ」を上回る1位は?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

第10位:シン

 第10位に入ったのは、南斗孤鷲拳の伝承者にして、「殉星」の宿命を負う南斗六聖拳の一人「シン」。得票数は115票(全体の2.0%)でした。主人公のケンシロウから許嫁のユリアを奪い、彼の体に北斗七星型の傷をつけた、最初の宿敵にして強敵(とも)。ユリアへの愛に生きた彼の一途な生き様、そしてケンシロウが彼を弔ったシーンは、とても感動的でしたね。

advertisement

第9位:アイン

 第9位には「アイン」がランクイン。得票数は135票(全体の2.4%)でした。自己流のケンカ拳法で戦う賞金稼ぎで、最初は賞金首のケンシロウと敵対していましたが、後に北斗の軍に参加。愛娘のアスカを何より大切に思う彼の生き様は、とても魅力的でしたね。仲間たちに見守られた「カッコよすぎる」最期、そして「わたしが泣いたらパパ眠れない」と涙をこらえるアスカの姿は、感涙ものでした。

advertisement

第8位:ジャギ

 第8位にランクインしたのは、北斗4兄弟の三男にしてケンシロウの義兄「ジャギ」。得票数は188票(全体の3.3%)でした。

 「兄よりすぐれた弟なぞ存在しねえ!」という思想の持ち主で、ケンシロウが北斗神拳の伝承者に選ばれた際も納得できずに彼を襲撃。銃を突きつけて辞退を迫るなど、彼を強く嫌悪していました。最期まで非道の限りを尽くした彼は、清々しさすら覚える気持ちの良い悪役でしたね。

advertisement

第7位:ケンシロウ

 第7位には、本作の主人公で北斗神拳の第64代伝承者「ケンシロウ」がランクイン。得票数は249票(全体の4.4%)でした。

 非道な相手には容赦しない一方、自分が認めた強敵(とも)には敬意を払うなど、情にあふれる拳士でもあります。たとえ敗れても何度でも立ち上がり、好敵手や仲間たちの思いを背負って戦い抜く姿には、思わず心を打たれます。

advertisement

第6位:ラオウ

 第6位に入ったのは、ラオウ。得票数は341票(全体の6.1%)でした。北斗4兄弟の長男で北斗神拳の使い手ですが、あまりに強い野心を秘めていたため伝承者には選ばれず、やがて「世紀末覇者拳王」として暴力で世界を支配します。

 そんな恐怖の代名詞だったラオウも、拳士たちとの戦い、そしてユリアとの関わりを通じて、愛と哀しみを知る拳士へと成長。「わが生涯に一片の悔いなし!」と天に拳を突き上げた姿は、少年漫画史に残る名シーンの一つです。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング