メディア

「生活利便性が悪いと思う東京23区」ランキングTOP23! 1位は「港区」【2021年最新調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 注文住宅の基礎知識や全国のハウスメーカー・工務店の情報を発信するメディア 「おうちパレット」が、「東京23区の住みやすさ」に関する調査を23区在住の男女に行い、その結果を発表しました。

 今回はさまざまな観点から行われたランキングから、「買い物などの生活利便性ランキング」をワースト順に紹介します。

画像は「写真AC」より引用
advertisement

第3位:墨田区

画像は「写真AC」より引用

 第3位は「墨田区」でした。東京スカイツリーや両国国技館、江戸東京博物館など有名な観光名所があり、江戸の下町情緒を感じさせるエリア。その一方で、中心街となる錦糸町周辺には商業施設が集まっているものの、生活面を支える大きなショッピングモールや商店街などはそれほど多くないこともあってか、生活利便性の面ではあまり高い支持を得られなかったようです。

advertisement

第2位:千代田区

画像は「写真AC」より引用

 第2位は「千代田区」でした。区のほぼ中央には皇居が位置しており、国会議事堂や首相官邸、最高裁判所といった政府主要機関の建物のほか、大手金融機関や大企業の本社などが立ち並ぶ日本有数のオフィス街で知られています。そのためか、やはり生活利便性は高いとは言えないようですね。

advertisement

第1位:港区

画像は「写真AC」より引用

 そして第1位は「港区」でした。青山や赤坂、六本木といった商業エリアや、お台場などの観光エリア、さらには麻布、白金台、高輪といった高級住宅街を有する港区。この街に住みたいと憧れる人も多く、一見すれば利便性も高いと思われますが、その人気の高さに比例するように物価や家賃が高いこともあってか、残念ながら生活面での利便性の評価は、東京23区内で最も低くなってしまいました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.