メディア

『源氏物語』に登場する女性であなたが好きなのは?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 源氏物語は、紫式部によって平安時代中期に書かれた物語です。ストーリーの中心となるのは、主人公である恋多きイケメン貴族「光源氏」の生涯と恋愛遍歴。源氏は父である帝の妻「藤壺」に恋をし、不義の子を成すも恋心を忘れられず、藤壺の影を追い求めて、年齢も立場もさまざまな多くの女性と恋に落ちていきます。

 今回ねとらぼ調査隊では「源氏物語に登場する女性であなたが好きなのは?」というアンケートを実施します。投票対象は「光源氏の恋人や妻になった女性たち」です。ぜひ、あなたの心に残っている女性を教えてください! それでは、源氏物語に登場するたくさんの女性の中から、4人を紹介します。

advertisement

紫の上(むらさきのうえ)

 幼いころに源氏から見初められ、源氏の理想の女性として育てられました。美しくて知性的、さらに心優しい紫の上は、源氏の一番の人として一生をともにします。しかし、源氏が紫の上を見初めたのには理由がありました。紫の上は、源氏の義理の母であり、初恋の「藤壺」によく似ていたためです。紫の上と藤壺が血縁関係にあることを知った源氏は、藤壺に似ているのも当然と紫の上を引き取ります。

 その後、紫の上は源氏の度重なる浮気に心を痛めながらも、彼を愛し続けます。しかし物語の後半、源氏はまたしても藤壺との血縁にあり、親子ほど歳の離れた女三の宮という女性を正妻に迎えてしまいます。築き上げた地位や信頼を失い、紫の上の心は次第に源氏から離れていくことに……。源氏のそばにいたからこそ、一番愛され苦しめられた紫の上。けなげな姿に心打たれる人も多いのではないでしょうか。

advertisement

六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)

 美しく教養もある「完璧な女性」として描かれる、源氏の年上の愛人です。かつての東宮妃であり、東宮の死後源氏と関係を持ちます。身分も矜持も高い彼女に、若かった源氏は初めこそ夢中になりますが、あまりに完璧な六条御息所が息苦しかったのか、次第に足が遠のきます。

 六条御息所は「源氏を独占したい」と思いつつもプライドが邪魔をして素直になれず、苦悩し続けた末に生霊となって、源氏の恋人や妻を呪い殺してしまいます。それほどまでに源氏を愛した六条御息所は自身の死に際に、娘の行先を見守ってほしいとお願いするも「大切な娘をあなたの愛人にしてくれるな」と釘を刺します。愛する人への嫉妬に苦しむ気持ちは、今も昔も変わりませんね。

advertisement

明石の君(あかしのきみ)

 源氏は、兄である東宮(後の朱雀帝)の女御として入内予定だった「朧月夜」と関係を持ったことが露呈し、須磨、そして明石に移り住むことになります。そこで出会ったのが明石の君でした。明石の君は源氏に比べて身分が低いため、源氏との恋にとまどうものの、二人は結ばれて娘を授かります。娘は正妻格であった紫の上の養女として引き取られ、後の中宮(秋好中宮)となりました。

 自身の身分の低さなどから、実の娘をライバルである紫の上に託し、陰ながら支える立場を選んだ明石の君。教養や矜持を持ちつつも、決して出しゃばらない、控えめで賢い女性として描かれています。

advertisement

葵の上(あおいのうえ)

 源氏が12歳のときに結婚した、最初の正妻です。左大臣を父に持つ姫君で、 源氏の親友である頭中将の兄弟にあたります。源氏よりも4つ年上で、美しくプライドの高い女性。もともとは帝に嫁ぐために教育されていましたが、源氏と政略結婚させられたため、なかなか源氏に心を開くことができませんでした。源氏も藤壺への恋心を忘れられない上、他の女性にも心を奪われていたため、二人の気持ちはすれ違い続けました。結婚10年にして葵の上は男の子を出産しますが、ほどなくして嫉妬した六条御息所の生霊によって命を落としてしまいます。

 なお、源氏は生涯多くの恋をしたにも関わらず、実子はわずか3人。このうちの一人が葵の上との子「夕霧」でした。源氏物語の後半では夕霧の恋が描かれますが、夕霧の性格は恋に奔放で華やかな源氏ではなく、母の葵の上に似て真面目で堅物であるのというのが、面白みがありますよね。

advertisement

源氏物語に登場する女性であなたが好きなのは?

 紹介した4人のほかにも、源氏物語には魅力的な女性が数多く登場します。あなたが一番心惹かれるのはどの女性でしょうか? 選択肢には、光源氏の恋人や妻となった女性をピックアップしています。投票したい人物が選択肢にない場合は「その他」を選んで、コメントで人物名を教えてください。

 物語を彩った女性たちの好きなところや印象に残ったシーンなどもぜひコメント欄にお寄せください。皆さんの投票、お待ちしています!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.