メディア

「2010年以降の大河ドラマ」で好きな作品は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1960年代から脈々と続くNHK大河ドラマは、現在放送中の「青天を衝け」で60作目。2010年代は脚本家がそれぞれの持ち味を発揮したオリジナルの作品も多く制作されており、大きな人気を博したものも多く登場しました。

 そこで今回は、「『2010年以降の大河ドラマ』で好きな作品は?」というアンケートを実施します。2010年放送の「龍馬伝」から、放送中の「青天を衝け」までのなかで、一番好きな作品を教えてください! それでは、投票対象のなかから4作品を紹介します。

advertisement

龍馬伝

画像は「NHKアーカイブス」より引用

 「龍馬伝」は、2010年放送の大河ドラマ。脚本を福田靖さんが手掛けたオリジナル作品で、幕末という動乱の時代を駆け抜けた、坂本龍馬の生涯を描いた作品です。

 主演を務めたのは、福山雅治さん。龍馬を演じるために、役作りで髪を伸ばし、さらに日焼けして肌を黒くするなど忠実に龍馬像を再現しています。また、香川照之さん演じる龍馬の幼なじみで、三菱財閥の創業者である岩崎弥太郎などの登場人物も魅力的でしたよね。

advertisement

真田丸

画像は「ポニーキャニオン」公式サイトより引用

 2016年放送の「真田丸」は、「新選組!」を手掛けた三谷幸喜さんによる大河ドラマ。主人公となる真田信繁(後の幸村)を堺雅人さんが演じ、草刈正雄さん演じる父・昌幸を始めとした個性的な登場人物たちと、彼らが織りなすストーリーが好評を博し、高い視聴率を誇りました。

 信繁を始めとする真田家が直接見たり体験したりしなかったことは深く描写しない、という方針をとったため、「本能寺の変」や「関ヶ原の戦い」など歴史上の大きな出来事があっさり描写されたことでも話題に。また、ナレーションを務めた当時NHKアナウンサーだった有働由美子さんによる「ナレ死」も大きな注目を集めました。

advertisement

おんな城主 直虎

画像は「NHKドラマ」より引用

 「おんな城主 直虎」は、2017年放送の作品。TBS系で放送され大ヒットした「JIN-仁-」や、杏さんが主演を務めた朝ドラ「ごちそうさん」を手掛けた脚本家・森下佳子さんによる、オリジナル作品となっています。

 女性でありながら井伊家の当主になった、と伝わる井伊直虎を、柴咲コウさんが演じました。直虎に関する歴史的資料は少ないなか、説得力のある脚本や直虎をはじめとした登場人物が魅力的な作品です。

advertisement

青天を衝け

画像は「NHKオンデマンド」より引用

 「青天を衝け」は、吉沢亮さんが主演を務める大河ドラマ60作目。脚本は、朝ドラ「あさが来た」などを手掛けた大森美香さんが担当しています。「日本資本主義の父」と称され、2024年度から発行される新1万円札の顔にもなる実業家・渋沢栄一を主人公に、江戸時代末期から明治時代までの日本の移り変わりを描くドラマです。

 9月放送の第26回からは「静岡編」がスタート。パリから帰国した栄一がどのような活躍を見せるのか、楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

advertisement

「2010年以降の大河ドラマ」で好きな作品は?

 2010年以降に放送された大河ドラマから、4作品を紹介しました。このほかにも、「平清盛」や「八重の桜」「麒麟がくる」など、さまざまな時代を舞台にしたドラマが制作されてきました。

 今回のアンケートでは、2010年放送の「龍馬伝」から、放送中の「青天を衝け」までの作品が投票対象となっています。投票と共に、作品の好きなポイントやシーンなどのコメントもお待ちしています!

advertisement

コメント欄の書き方

 「その他」を選んだ場合や、自由回答形式の場合は、以下の方法でコメント欄に【1】「投票したい項目」と【2】「その理由」を記入してください。

(例)
【1】青天を衝け(投票したい項目)
【2】栄一から目が離せない!(その理由)

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.