メディア

少年向けコミック誌の発行部数ランキング! 1位の「週刊少年ジャンプ」に続くコミック誌わかる?【2021年4〜6月調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 『週刊少年ジャンプ』をはじめ、日本の漫画界を牽引してきた「少年向けコミック誌」。インターネット経由で漫画を読める機会が増えたことで、紙媒体の需要が低下しているという話もよく耳にしますが、現在の少年向けコミック誌の売り上げ数は状況になっているのでしょうか。

 そこで今回は、日本雑誌協会が発表したデータをもとに「少年向けコミック誌の発行部数ランキング」を紹介します。

※本ランキングは2021年4月~6月に発売された1号あたりの平均印刷部数をもとに作成しています。

(出典:日本雑誌協会「印刷部数公表」

advertisement

第3位:月刊コロコロコミック(37万6667部)

画像は「コロコロオンライン」より

 第3位は小学館の『月刊コロコロコミック』。発行部数は37万6667部でした。

 コロコロは1977年に小学生向けの漫画雑誌として創刊されました。低学年男子をメインターゲットに置いており、国民的アニメ/漫画となった『ドラえもん』をはじめ、『おぼっちゃまくん』『でんじゃらすじーさん』などの人気作品を輩出。また、ゲームやおもちゃとのタイアップ作品も人気で『スーパーマリオくん』『ポケットモンスター』のほか、『爆走兄弟レッツ&ゴー』『爆転シュートベイブレード』なども当時の小学生の間で大ブームとなりました。

advertisement

第2位:週刊少年マガジン(51万8333部)

画像は「週刊少年マガジン」公式サイトより

 第2位は講談社の『週刊少年マガジン』でした。発行部数は51万8333部。

 マガジンは1959年に創刊された漫画雑誌です。創刊当初のマガジンは約6割が小説やニュース、科学などの読み物だったものの、1960年代には『巨人の星』『あしたのジョー』でスポ根漫画ブームを巻き起こし、90年代には『GTO』や『金田一少年の事件簿』など、実写ドラマ化もされたヒット作をリリース。現在は得意分野でもあるヤンキー漫画に、タイムリープSFの要素を盛り込んだ『東京卍リベンジャーズ』が大きな人気を博しています。

advertisement

第1位:週刊少年ジャンプ(140万4167部)

画像は「週刊少年ジャンプ」公式サイトより

 そして、第1位は集英社の『週刊少年ジャンプ』でした。発行部数は140万4167部。

 ジャンプは1968年創刊の漫画雑誌。新人作家の積極的登用、読者アンケート至上主義といった独自のシステムによって『ドラゴンボール』など数々の人気漫画を生み出し、今や日本で最も有名な少年向けコミック誌となっています。2021年9月現在は『ONE PIECE』『僕のヒーローアカデミア』『ブラッククローバー』などの人気作品が連載中。また近年では『少年ジャンプ+』の運営によってWEBコミックの分野も開拓しており、『怪獣8号』や『SPY×FAMILY』などのヒット作を輩出しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.