メディア

「スガシカオ」シングル曲人気ランキングTOP25! 1位は「黄金の月」に決定!【2021年最新】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1997年にメジャーデビューしてから、コンスタントにヒット曲をリリースしてきた、シンガーソングライターのスガシカオさん。ねとらぼ調査隊では、9月29日から10月5日までの間「スガシカオさんのシングル曲であなたが好きなのは?」というアンケートを実施しました。

 投票対象はスガシカオさんのシングル表題曲など46曲でしたが、コメント欄では投票対象以外の「コーヒー」「夕立ち」といった曲名も挙がっており、それぞれに思い入れのある方が多いようでした。それではランキング結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:ストーリー

 第10位は1998年に発売された5枚目のシングル「ストーリー」。スガシカオさん独特のオリジナルストーリーが描かれた、メッセージ性のあるミディアム・チューンです。

advertisement

第9位:コノユビトマレ

 第9位は2008年に発売された「コノユビトマレ」。ディスコ調のアップテンポな曲で、聴く人の気持ちを軽やかにしてくれます。積水ハウス「シャーメゾン」のCMソングにもなりました。

advertisement

第8位:夏陰

 2005年に発売されたトリプルA面シングルから、「夏陰」が第8位にランクイン。同時収録の「奇跡」は2005年の「全国高校野球選手権大会中継」テーマソングで、「夏陰」は、そのドキュメンタリー番組「熱闘甲子園」のエンディングテーマでした。

advertisement

第7位:アシンメトリー

 第7位は、2002年に発売された13枚目のシングル「アシンメトリー」。フジテレビ系ドラマ「整形美人。」の主題歌にも採用され、スガシカオさんのシングルの中では最大のセールスを記録しました。

advertisement

第6位:19才

 第6位は、2006年に発売された19枚目のシングル「19才」。スガシカオワールド炸裂のファンクナンバーです! テレビアニメ「xxxHOLiC」のオープニングテーマでもあります。

advertisement

第5位:アストライド

 第5位は、2014年に発売された「アストライド」。2011年に所属事務所から独立し、インディーズで活動していたスガシカオさんがメジャー復帰した、記念すべきシングルです。自身が出演するソニー損保のCMソングにもなりました。

advertisement

第4位:あまい果実

 1999年に、12cmのマキシシングルと8cmシングルの両方が発売され、スガシカオさん最後の8cmシングルとなった「あまい果実」が第4位にランクイン。一度口にしたらやめられない”あまい果実″のように、一度聴いたらクセになる、何度も繰り返し聴きたくなる魅惑の一曲です。

advertisement

第3位:愛について

 第3位は1997年に発売された、4枚目のシングル「愛について」。NHK総合テレビ「ポップジャム」のエンディングテーマだったこともあり、馴染みのある方も多いのではないでしょうか。冬にぴったりのバラードで、スガシカオさん初期の代表曲といえます。

advertisement

第2位:午後のパレード

 第2位は、4つ打ちビートが印象的な「午後のパレード」。2006年に発売され、スガシカオさんの新境地とも言われた心弾むアッパーチューンです。積水ハウス「シャーメゾン」のCMソング、日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」オープニングテーマなどにも採用されました。

advertisement

第1位:黄金の月

 そして栄光の第1位は、1997年に発売された2枚目のシングル「黄金の月」です。コメント欄では「小6の時、たまたま聞いたラジオにスガシカオさんが出演されてて、そこで初めて聞いた黄金の月に感動して凄く好きな歌です!」との声が寄せられていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.