メディア

【日産スカイラインGT-R】あなたが一番好きな歴代モデルはなに? 【2021年版人気投票】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 初代の発売から数十年経った現在でも、根強い人気を誇る日産のスポーツカー「スカイラインGT-R」。現在は後継車種となる「日産・GT-R」が販売されていますが、自動車が大好きな人たちの中では「いつの日か憧れのスカイラインGT-Rを手にしたい」と夢見る人も多いのではないでしょうか。

 そこでねとらぼ調査隊では、今年も「あなたが一番好きな歴代の日産スカイラインGT-Rは?」というアンケートを実施します。あなたの憧れのモデルや、思い出に残っているモデルご投票ください! それではまず、歴代モデルから3車種を紹介します。

advertisement

スカイライン2000GT-R(初代)/PGC10型(1969年-1970年)

 大人しいボディに獰猛なエンジンを意味する「羊の皮を被った狼」というキャッチコピーを、プリンス・スカイライン2000GT-Bから継承した初代GT-R。箱のようなフォルムのスカイラインであることから「ハコスカ」という愛称で呼ばれています。

advertisement

スカイライン2000GT-R(2代目)/KPGC110型(1973年)

 1973年に登場し、広告に「ケンとメリー」という若いカップルのキャラクターを設定したことから、通称“ケンメリ”として一世風靡した4代目スカイライン。そのKPGC110型には、先代と同じS20型エンジンが搭載され「2000GT-R」として販売されていました。しかし、1973年の排出ガス規制に適合しなくなってしまったため、わずか3カ月で生産終了に。幻の名車となってしまった悲運のモデルでした。

advertisement

スカイラインGT-R(3代目)/BNR32型(1989年-1994年)

BNR32型
画像はAmazon.co.jpより引用

 KPGC110型の生産終了から、16年ぶりに復活したGT-R。全日本ツーリングカー選手権で勝つという重責を背負って開発されたBNR32型は、当時世界最強と言われていたフォード・シエラRS500をレースのたった1/4を終えた時点で周回遅れとし、圧勝でレースを終えるという衝撃のデビューを果たしました。

advertisement

まとめ

 ここまで、歴代スカイラインGT-Rを3車種紹介してきました。スカイラインGT-Rは、いつの時代も憧れの車として確固たる地位を築いてきた名車。後継車種である「日産・GT-R」が登場した現在もなお、その人気が色あせることはありません。

 そんなスカイラインGT-Rシリーズを愛してやまないファンのみなさんは、ぜひ好きな車種にご投票ください。また、各車種の魅力や、発売当時の思い出・エピソードなどもコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.