メディア

【RX-7】マツダの歴代「RX-7」であなたが一番好きなモデルはどれ?【人気投票】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 マツダがかつて発売していたスポーツカー「RX-7」。初代のサバンナRX-7から流線型のボディをまとい、スポーティーな国産車として、今でも非常に高い評価を得ています。

 そこで今回は、「マツダの歴代『RX-7』で好きなモデルはどれ?」というアンケートを実施します。マツダ伝統の技術であるロータリーエンジンや、リトラクタブル・ヘッドライトなど特徴的な魅力が満載の歴代RX-7の中であなたが一番好きなモデルを教えてください! それでは、これまで発売された数々の歴代RX-7から、3モデルをピックアップして紹介します。

advertisement

初代 SAVANNA RX-7

 初代「RX-7」は、1978年に発売されました。「サバンナRX-3」の後継となるモデルで、型式名は「SA22C」です。当時としては画期的な流線型のデザインが特徴的で、以降のモデルにも受け継がれるロータリーエンジンとリトラクタブル・ヘッドライトを搭載していました。

advertisement

2代目 SAVANNA RX-7 CABRIOLET

 1985年より販売が開始された2代目「RX-7」には、いわゆるオーブンカータイプの「カブリオレ」モデルが追加されました。現在でも多くのファンからそのフォルムの美しさが評価されており、3代目が登場してからも1年間は、この2代目をベースとしたカブリオレが継続販売されるほどの人気でした。カブリオレ仕様は2代目のみで終了となりましたが、その技術は後に発売されるロードスターへと受け継がれました。

advertisement

3代目 RX-7 SPIRIT R

 1991年から販売開始された3代目のRX-7は、より流線型を際立たせたデザインとなりました。この3代目より「サバンナ」の呼称が外され、当初マツダの系列ディーラーの名を冠した「アンフィニRX-7」と呼ばれていましたが、後に「RX-7」が正式名称となっています。この3代目には1~6型までのモデルが存在し、それぞれグレードの異なるバリエーションも数多く販売されました。

 そんなRX-7でしたが、スポーツカー需要の減少や排ガス規制など環境問題への対策の難しさなどから、2002年に生産終了となり25年の歴史に幕を閉じることになりますが、最後の特別限定車として発売されたのが「RX-7 SPIRIT R」でした。

advertisement

まとめ

 ここまでマツダの歴代「RX-7」から、3モデルを紹介しました。このほかにも、それぞれの代で前期・後期型などさまざまなモデルが発売されてきました。なお、RX-7にはそれぞれ異なるグレードや数多くのバリエーションが存在するため、主要な14モデルを選択肢として用意しています。ですが、もしも選択肢にないモデルに投票したいという人は「その他」を選択のうえ、コメント欄にモデル名と投票理由をお書きください。

 また、各モデルの魅力や、販売当時の思い出などもぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.