メディア

「テレビ朝日の刑事・警察ドラマシリーズ」で好きな作品は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「特捜最前線」「西部警察」「はぐれ刑事純情派」など、数多くの人気刑事・警察ドラマシリーズを生み出してきたテレビ局といえば「テレビ朝日」。長期シリーズに定評があり、2021年10月からは「相棒」がシリーズ20作目、「科捜研の女」がシリーズ21作目を迎えます。

 そこで今回は、「『テレビ朝日の刑事・警察ドラマシリーズ』で好きな作品は?」というアンケートを実施。銃撃戦やカースタントなどド派手なドラマや本格的なミステリー、人情味あふれる作品などさまざまな作風のドラマがあるなかで、好きなドラマシリーズを教えてください。それでは、テレビ朝日がこれまで放送してきたドラマから、3作品を紹介します。

advertisement

相棒

画像は「テレ朝POST」より引用

 2時間ドラマから始まった「相棒」は2002年より連続ドラマ化し、2021年10月13日から20シーズン目に突入。「警視庁の陸の孤島」と呼ばれる窓際部署・特命係を舞台に、水谷豊さん演じる警視庁一の変人・杉下右京とその相棒が、難事件を解決していきます。人情味あふれるコミカルなものから重厚な社会派サスペンスまで幅広い作風を網羅しており、現在でも高い視聴率を誇るドラマの一つです。

advertisement

科捜研の女

画像は「テレ朝POST」より引用

 「科捜研の女」は、1999年から長らく続いているドラマで、2021年10月14日よりシーズン21が開始。また、9月にはシリーズ初となる劇場版が公開されました。沢口靖子さん演じる榊マリコを中心とした京都府警の科学捜査研究所に所属する研究員たちが、科学の力で犯罪を解明していく姿を描いており、科捜研のメンバーはもちろん、捜査一課の刑事・土門薫や、遺体の解剖を手掛ける風丘早月との連携は安定感抜群です。

advertisement

西部警察

 「西部警察」は、主演の渡哲也さん演じる大門圭介を中心とした「大門軍団」の刑事たちが、悪者たちを追い詰めていく作品。銃撃戦やカースタント、そして爆発シーンなどド派手なアクションは、今見ても迫力満点。アクションはもちろん、個性豊かな大門軍団のメンバーも魅力的ですよね。

advertisement

「テレビ朝日の刑事・警察ドラマシリーズ」で好きな作品は?

 テレビ朝日でこれまで放送されてきた刑事・警察ドラマシリーズから、3作品を紹介しました。このほかにも、「警視庁・捜査一課長」や「遺留捜査」「緊急取調室」など、さまざまな作品があります。

 今回のアンケートでは、連続ドラマとして放送された作品の中から、2シリーズ以上、または長期間にわたって放送されたものを中心に選択肢をピックアップしています。選択肢以外のドラマが好き、という場合は、「その他」を選んでコメント欄で作品名を教えてください。作品の好きなポイントなどといったコメントと共に、投票お待ちしています!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング