メディア

【機種解説付き】「歴代 iPhone」の中で一番良かったのはどのシリーズ? 【アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本では2008年(アメリカでは2007年)に初めて発売されたiPhone。そのシンプルな見た目や操作性は、携帯電話業界に大きな衝撃を与えました。スマートフォンの普及に大きく貢献し、ひとつの歴史を作りあげたツールといっても過言ではありません。

 そこで今回、ねとらぼ調査隊では「歴代iPhoneの中で、あなたが一番良かったと思うのはどれ?」というアンケートを実施します。これまで、一緒に過ごしたiPhoneを思い出しつつ、お気に入りのシリーズに投票してください。

 それでは、アンケート対象となっている「歴代iPhone」を紹介します。

advertisement

iPhone・初代

 記念すべき初代iPhoneは、2007年にリリースされました。今は亡きスティーブ・ジョブズ氏が、初代iPhoneを持ちプレゼンテーションをする姿は見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 通信方式の違いにより日本では発売されていないため、おそらく国内では1番レアな機種でしょう。おなじみの下部中央にホームボタンのみというシンプルなデザインが、完成度の高さを物語っています。

「iPhone」公式サイトより引用
advertisement

iPhone 3Gシリーズ

 iPhone 3Gは、日本に初めて上陸した3G通信対応のiPhone。2008年にリリースされました。また、翌年の2009年に出た3GSは3Gよりも処理速度がアップしました。

 どちらも取り扱ったのはソフトバンクのみで、iPhoneを使いたいがためにソフトバンクに乗り換えるユーザーも出現。側面から背面は曲線が美しいデザインになっています。販売価格は2万円台からと、手に取りやすい機種でした。

「iPhone」公式サイトより引用
advertisement

iPhone 4シリーズ

 2010年にリリースされたiPhone 4からは、背面と側面が平面のデザインになり、Retinaディスプレイが採用されました。翌年の2011年にリリースされた4Sでは、音声アシスタント機能「Siri」が初登場。

 4Sからは、auでも取り扱いを開始。これにより、iPhoneユーザーが大きく増えました。ちなみに、iPhoneの生みの親であるスティーブ・ジョブズ氏は、4S発表の翌日に逝去。4Sは、ジョブズ氏が最後に見届けたiPhoneということになります。

「iPhone」公式サイトより引用
advertisement

iPhone 5シリーズ

 iPhone 5は2012年、5sと5cは2013年にリリースされた機種です。5からコネクタがLightningコネクタになり、LTEに対応。さらに5の後続機種である5sには、初めて指紋認証が搭載されました。

 5cでは、それまでにはなかった「ホワイト」「ピンク」「ブルー」「イエロー」「グリーン」といったビビッドなカラーバリエーションも登場。5s/5cからNTTドコモも取り扱いを始め、通信事業大手3社なら、どこでもiPhoneが使えるようになりました。

「iPhone」公式サイトより引用
advertisement

iPhone 6シリーズ

 2014年リリースの6から2サイズ展開が標準となり、一回り大きい「Plusモデル」が登場。また側面がカーブしたデザインになり、見た目の印象が大きく変わりました。さらに「Apple Pay」が初搭載されたのも、この機種からです。

 2015年リリースの6s/6s Plusでは、圧力センサーによる「3D Touch」が搭載され、ディスプレイ平面での立体的な操作が可能になりました。

「iPhone」公式サイトより引用
advertisement

iPhone SE ・第1世代

 2016年にリリースされたiPhone SEは、小型かつ、お手ごろ価格のモデルです。サイズやデザインは、iPhone 5sとほぼ同じ。中身のスペックは、ほぼiPhone 6sと同等でした。

 片手ですべての操作ができる4インチサイズの小さいiPhone SEは、大きくなっていくサイズや高額化していくiPhoneではなく、シンプルな機能を欲していたユーザーに大人気となります。そのため、後継機の「SE・第2世代」の発売を心待ちにしていた人も多くいました。

「iPhone」公式サイトより引用
advertisement

iPhone 7シリーズ

 2016年にリリースされた7/7 Plusではイヤホンジャックを廃止。ワイヤレスイヤホン「AirPods」が登場しました。また、耐水・防塵仕様になり、場所やシチュエーションを選ばず使えるように。

 さらに日本向け機能としてFeliCaチップが搭載されました。Apple Payで「おサイフケータイ」のように便利にお買い物ができるようになったのも大きなポイントです。また、7 Plusには、iPhone史上初めてとなる「デュアルカメラ」が搭載され、ポートレート撮影ができるようになりました。

「iPhone」公式サイトより引用
advertisement

iPhone 8シリーズ

 2017年にリリースされた機種で、ワイヤレス充電に対応しました。7からほんの少し大きくなったものの、見た目の印象は7とほぼ変わりません。周囲の明るさなどに応じて、ディスプレイの色合いを自動調節するTrue Toneが搭載。さらに、画面の見やすさもアップしています。

advertisement

iPhone Xシリーズ

 2017年リリースのXでは、ホームボタンが廃止されて全面ディスプレイに。この変更がもたらした指紋認証から顔認証への変化に、当時は戸惑うユーザーも多く見られましたが、現在では主流に。

 また、Xの後継機であるXS/XS Maxは2018年リリース。大型機種に「Max」の表記が使われるようになりました。同じく2018年リリースのXRは、イエローや、コーラルといったカラーバリエーションが追加。

advertisement

iPhone 11シリーズ

 2019年にリリースされたiPhone 11では、目新しいグリーンや、パープルというカラーバリエーションが登場。さらに11には広角、超広角のデュアルカメラ、Pro/11 Pro Maxには超広角、広角、望遠のトリプルカメラが搭載。

 これまでにはない広い視野の写真がiPhoneで撮影できるようになりました。iPhone 11シリーズが、2020年8月現在、もっとも高機能のシリーズとなります。

iPhone SE ・第2世代

 2020年リリースのお手ごろ価格バージョンで、手に取りやすい機種。iPhone 8と大きさがほとんど同じため、2台並べて比較すると、ほぼ見分けが付きません。そのため、iPhone 8ユーザーにとっては使い慣れた感覚で扱えます。

 最新機種ですが、ホームボタンでのシンプル操作や、指紋認証が可能。中身は8よりも大幅にアップ。特に処理速度やカメラ性能の向上は機械に疎い人でも実感できるレベルです。

「iPhone」公式サイトより引用

まとめ

 iPhone最大の特徴は、余計なもののないシンプルなデザイン。それを変えることなく、さまざまな機能を搭載し続けているiPhoneは、いつも時代の最先端を行くスマホといえるでしょう。

 投票対象となる「歴代iPhone」は、以上になります。1番良かったiPhoneは決まりましたか? 下のアンケートより、投票してくださいね!

アンケート

歴代iPhoneの中で、あなたが一番良かったと思うのはどれ?
合計:7013票
実施期間:2020/08/19〜2020/09/14
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.