メディア

「東北の夕食が良かった旅館」ランキングTOP10! 1位は「かしわや旅館」【2021年8月時点/じゃらん】 

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第5位:黒石温泉郷温湯温泉 山賊館(青森県)

advertisement

第4位:をりふしの宿 昭月(福島県)

画像は「をりふしの宿 昭月」公式サイトより引用
advertisement

第3位:旅館 舞鶴(岩手県)

 第3位は「旅館 舞鶴」でした。毛越寺や中尊寺といった世界遺産平泉の観光に便利なロケーションにあります。2018年にオープンした客室わずか6室の小さなお宿で、アットホームな雰囲気が特徴です。自家菜園で収穫された野菜をはじめ地産地消をテーマに安心安全な食材にこだわり、その土地の文化を感じられる郷土料理を提供。素材の味を大切にした料理は絶品です。

advertisement

第2位:御宿 やなだ屋(山形県)

 第2位は「御宿 やなだ屋」でした。大正ロマン感じるレトロな街並みが魅力の銀山温泉街にあります。1日4組限定の細やかなおもてなしを感じられる旅館で、源泉かけ流しの温泉を堪能できるのも魅力。夕食はA5ランクの尾花沢牛のステーキ&しゃぶしゃぶをメインに、鳥海山のなめこ汁や手打ちそばなどが並びます。芋煮汁やさくらんぼの漬け物など、山形ならではの料理をたっぷり味わえますよ。

advertisement

第1位:かしわや旅館(山形県)

 第1位は、あつみ温泉にある「かしわや旅館」でした。創業380年、木造3階建ての歴史を感じさせる旅館です。鶴岡市の山間にあるあつみ温泉は、海と山と川に囲まれた自然豊かな場所。そのため日本海の新鮮な魚介類や庄内地方のお米に野菜など地元の食材をたっぷり味わえます。その時々の旬のものをおいしくいただいてほしいという思いから季節ごとに料理の内容も変わります。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.