メディア

「移住希望者の関心度が高い市区町村」ランキングTOP10! 1位は「新潟県三条市」【2021年上半期】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 移住・関係人口を促進するプラットフォームサービス「SMOUT」を運営するカヤックが、移住希望者から興味・関心を集めている人気移住地域をランキング化した「SMOUT移住アワード2021 上半期」を発表しました。

 このランキングは、2021年9月30日時点で「SMOUT」に登録している一般ユーザー2万8732人が、地域の発信する情報に対し「ファボ(興味ある)」した合計数を集計して作成されています。今回は、市区町村部門のランキングを見ていきましょう。

advertisement

第2位:兵庫県豊岡市

 第2位は「兵庫県豊岡市」。昨年の「SMOUT移住アワード2020」では、1位に輝いていました。豊岡市では「コロナ移住」が広まる少し前から地域おこし協力隊の採用に力を入れており、これまでに67人の隊員を採用し、現在も40人が活躍中。「温泉街まるごと一つの旅館プロジェクト」の協力隊募集や、「一年間で鞄作りを学べる学校」の入校生募集といった個性的なプロジェクトで、常に人気となっていました。

advertisement

第1位:新潟県三条市

 第1位は「新潟県三条市」でした。昨年のランキングでは34位となっており、大きくランクアップしました。

 アウトドアブランドとして人気の「スノーピーク」の本社がある下田エリアには、アウトドアも楽しめるスポーツ施設が充実。そのため、自然を生かした観光やアウトドアを2カ月間にわたって学べる「お試し移住」などが人気を集めました。また、「金物の町」として知られる燕三条エリアでは、起業や拠点づくりなど“ものづくり”に関するプロジェクトが多くの関心を集めたようです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.