メディア

「ほな、またな」『スカーレット(朝ドラ)』 第13週 淡々と描かれた常治との別れに号泣する人続出!

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 滋賀・信楽で育った少女が、やがて男性ばかりの陶芸家の世界に飛び込み、自分だけの陶芸を目指していく物語「スカーレット」。今週も視聴者の評価と感想をお届けします。

advertisement

「スカーレット」第13週(12月23日~28日放送)のあらすじ

  昭和40年夏。喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)の間には4歳の武志がいる。八郎は作品づくりにいそしみ、喜美子は食器作りで家計を支えている。常治(北村一輝)の体調が悪く、もう長くないと知った喜美子は、家族で支えようと誓う。

 常治を励ますため、家族で愛を込めた絵や文字を絵付けした大皿を作った。皿に盛られたのは、大野(マギー)が戦地での約束を果たすために一家で作ったマツタケごはん。常治はみなに囲まれ、安らかな最期を迎える。

 直子(桜庭ななみ)が帰宅したのはその年の冬。「帰ってくるな」という常治との約束を守ったのだと言う。ある日、武志が熱を出し、ジョージ富士川(西川貴教)の実演会に行けなかった喜美子のために、照子(大島優子)と八郎は、ジョージを連れ帰り、特別実演会を開く。

 ジョージに触発された八郎の作品は金賞を受賞。父を亡くしてからずっと泣くのをこらえていた喜美子も、自分の作品づくりに向きあう中で、ようやく涙を流すことができ、初めての作品を完成させた。 (『スカーレット』公式サイトより)

(C) NHK
advertisement

「スカーレット」第13週目のネット上での評価

 第13週はポジティブが68.4%、ネガティブが31.6%の結果になりました。 父親の最後を看取る場面があり、しんどかったという意見に共感を呼んでいました。

advertisement

「スカーレット」第13週目の盛り上がりポイントは12月25日

  第13週目の盛り上がりポイントは、父親の最期を看取った12月25日でした。いつも視聴者からの反感を買いつつも、どこか憎めない人柄で愛された喜美子の父常治が亡くなった日でした。「クリスマスなのに、朝から号泣」といったツイートも見られ、世間の楽しい雰囲気とは異なる朝ドラの展開に、ショックを受ける人が続出しました。

advertisement

「出来ることは泣かんこと」

 毎週、登場人物の心情に大きな変化があるスカーレット。第13週、視聴者にもっとも大きな反響をもたらしたのは、喜美子の父、常治との別れでした。劇的ではなく、淡々と丁寧に描かれた常治との別れ。そしてそれを迎える家族の様子に、ネット上では、「人が少しずつ死を受け入れるさまを丁寧に描くスカーレット」「何でお母ちゃんがお父ちゃんのことを好きになったか、ずっと一緒にいたのかがすっと分かったような回だった」「答えのない日常の表現の仕方が途轍もなくエグい」など、多くの人が反応。そんな中、「直子が帰ってこない。弱った常治をみたくないんだろうな」という、この後の展開を予測したツイートも。

 一方で、悲しさや寂しさを紛らわすように、「飲んだくれて娘怒鳴ってるとこ映せよ!」や「うそでしょ?常治死ぬの?死ぬ死ぬ言って長生きするのが俺達の常治なのに!!!」「ズルい。イライラさせて、もうイヤ!と思わせて、でも家族に対する不器用な愛情は一杯で」など、過去のダメ親父っぷりを引き合いに出して悲しむ人、常治のキャラクターを持ち込む人、川原家の大黒柱として生きた常治を振り返る人など、さまざまな形で常治とのお別れ期間を過ごす様子が見られました。

advertisement

「ほな、またな」

 視聴者好感度が0だった常治ですが、喜美子と八郎が結婚を決めた頃から、ぐんぐんと確実に好感度を上げていきました。そしてお別れの日。喜美子へ告げた別れの言葉“ほな、またな”に多くの視聴者が号泣。常治の好感度はこれまでにない高まりを見せました。「散り際、家族と孫と義理の息子とオーちゃん一家に囲まれ幸せだったね常治」や「あんたは間違いなく朝ドラ界屈指の“愛すべきお父ちゃん”です」、「視聴者の涙でできた琵琶湖に常治が沈んだ朝やった」など、今まで常治へ向けられた感想からは想像もできない、穏やかなコメントが溢れていました。

 そして常治の死後……。ようやく帰宅した次女直子。父からもらった電話の話や葬式に出なかったことへの後悔の言葉に「常治の電話は直子のあまのじゃくを逆手に取った「帰ってこい」だったのかも…」や「人一倍繊細な女の子だから、また心に深い傷を与えてしまうって思ったんでは」など、さまざまな声が。また最後に、一緒にやってきた鮫島(正門良規)とともに、大阪で商売を始めると言い出した相変わらずの直子っぷりに、視聴者もどこか安心した様子でした。

advertisement

「自由は不自由や」再び!

 第13週。まだかまだか、もう出ないのか?と多くの視聴者をヤキモキさせたジョージ富士川が再登場。相変わらずの強烈なキャラクターが、気丈にふるまいつつも、沈んでいた喜美子の心に新しい炎を灯します。この一連のシーンを受けて、「今日の芸術が爆発するシーン、ほんまによかった」や「脚本が本当に丁寧。ジョージ富士川に会って、心を開放する事を知って」、「喜美子の中で感情の爆発を堰き止めていたのは他でもなく喜美子自身だったんだなあ」など、喜美子の創作意欲を焚きつける展開が見事だと、多くの視聴者が感じたようです。

 また、ジョージ富士川との再会で、父常治との別れの際も泣かなかった喜美子が自分の気持ち解放するシーンに対し、「封じ込めた常治への想いがジョージによって解放される」といった同じ名前であることに着目したコメントも。さらにTwitter上で目立ったのは、「よくぞ西川さんをジョージ富士川にキャスティングした」「まさにハマリ役」など、ジョージ富士川を演じる西川貴文さんに関する感想も見られました。

advertisement

注目の14週目は……

 第14週のスカーレットは、八郎の陶芸展での金賞受賞により、順風満帆に見える喜美子の生活。しかし八郎は、自身の陶芸に行き詰まりを感じており、たまに自由な創作を行う喜美子に対して複雑な思いを抱きます。そんな時、喜美子の強い勧めにより、三津(黒島結菜)弟子をとることに……。それが喜美子と八郎の今後に、どんな影響を与えるのか……第14週も注目です!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.