メディア

「中国・四国の泊まって良かった旅館」ランキングTOP10! 1位は「紅葉館」【2021年9月時点/じゃらん】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 温泉、夕食、観光地、お土産など、旅行の楽しみはたくさんありますよね。出かける前から、あのお店や観光スポットに寄ろう、あのお土産を買って帰ろうなど、想像して楽しんでいる人も多いと思います。

画像は「写真AC」より引用

 今回は、リクルートが運営する旅行予約サイト「じゃらんnet」の協力のもと、「中国・四国の泊まって良かった旅館」ランキングを紹介します。ランキングは、じゃらんnetに投稿されたクチコミの「総合」の評点をベースに作成。集計期間は2020年10月1日~2021年9月30日までの1年間で、該当するクチコミが15件以上の宿泊施設が対象です。なお同点だった場合は、クチコミ投稿数の多い施設が上位となります。

 それではさっそくランキングを見てみましょう!

(出典:じゃらんnet「中国・四国/泊まって良かった(総合)宿ランキング」

当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第3位:あぶと本館(広島県)

 第3位は福山市にある「あぶと本館」でした。映画のロケ地としても有名な鞆の浦から車で約10分の海沿いに立っています。専属契約の漁師から生きたままの魚を仕入れ、調理の直前に生け簀から上げるという鮮度にこだわった料理が自慢です。展望風呂から眺められる瀬戸内海の景色も絶景です。お宿を発着する「瀬戸内クルージング」では、そんな風光明媚な瀬戸内海を専用クルーザーで巡ることができますよ。

advertisement

第2位:道後温泉 八千代(愛媛県)

 第2位は「道後温泉 八千代」でした。日本三古湯の1つともいわれる道後温泉にあり、全客室に道後の源泉を使った露天風呂を備えています。“我が家のようにくつろげる空間”というコンセプトを大切にしており、和室と寝室、食事処の3間からなる客室はすべて50平米以上の十分な広さ。瀬戸内海の魚介類や地元の旬な野菜をふんだんに使用した料理は、味はもちろん盛りつけにもこだわりが光ります。できたてをお部屋でいただけるので、プライベートを大切にしたい人におすすめの旅館です。

advertisement

第1位:紅葉館(島根県)

 第1位は「紅葉館」でした。JR米子駅や足立美術館から車で約20分の豊かな自然の中にあります。広大な安来清水寺の境内に立つ老舗旅館で、趣向を凝らした精進料理がいただけます。境内の眺めが素晴らしい客室は、どれも落ち着いた雰囲気の和室。夜はライトアップされた三重の塔の美しい姿を堪能できます。準天然温泉の光明石温泉を貸し切りで楽しめるのもうれしいですね。座禅や写経などを体験できるのも、お寺の境内にある旅館ならではの魅力です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.