メディア

【新機動戦記ガンダムW】であなたが一番好きなモビルスーツはなに?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「機動武闘伝Gガンダム」の後番組として1995年から放送されたテレビアニメ「新機動戦記ガンダムW」。宇宙世紀ではない独立した世界で描かれる“アナザーガンダム”の第2弾であり、その独特の世界観やストーリー、個性的なキャラクター、そしてカトキハジメさんが手がけたモビルスーツ(MS)のデザインなどから、現在でも高い人気を誇る作品です。

 そこで今回は「『新機動戦記ガンダムW』で一番好きなMSは?」というテーマでアンケートを実施します。ぜひあなたのお気に入りの機体を教えてください! それではまず、数あるWのMSから3機をピックアップして紹介します。

advertisement

ウィングガンダムゼロ

画像はAmazon.co.jpより引用

 「ウィングガンダムゼロ」は物語後半の主人公機。紆余曲折を経て主人公ヒイロ・ユイの乗機となりました。圧倒的な機体性能に加えパイロットの能力を高める「ゼロシステム」を備えています。しかし、ゼロシステムはパイロットの心身に深刻な悪影響をもたらすことから、この機体は長く封印されていました。武装のツインバスターライフルはスペースコロニーを一撃で破壊できる威力を持ちます。なお、続編となるOVA「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」(EW)版では、背部にある天使の羽のような形状で表現された「ウイングバインダー」が特徴的です。

advertisement

ガンダムエピオン

ガンダムエピオン
画像はAmazon.co.jpより引用

 「ガンダムエピオン」は秘密結社OZが5機のガンダムのデータを反映して開発したMS。「本物の騎士」のための機体というコンセプトのため、射撃兵器を一切持たず、ビームソードや鞭状のヒートロッドなどの近接武器のみで戦います。「ゼロシステム」と同様のシステムが搭載されており、扱いの非常に困難な機体です。劇中ではまずヒイロが搭乗し、その後ゼクス・マーキス(ミリアルド・ピースクラフト)の愛機となりました。

advertisement

トールギス

トールギス
画像はAmazon.co.jpより引用

 トールギスはガンダムWにおける世界初の戦闘用MS。ガンダムをはじめとする各MSの基礎となった機体でもあります。高い機動性・運動性を持ちますが、それゆえにパイロットの肉体的限界を超えてしまうため、普通の人間には操縦できないという欠陥があります。劇中で本機を乗りこなせたのはヒイロのライバル的存在であるゼクス・マーキスのみでした。なお、作中には本機の予備パーツで組み上げられた、ほぼ同じ性能を持つトールギスIIも登場し、OZの総帥であるトレーズ・クシュリナーダが操縦しました。

advertisement

まとめ

 ここまでガンダムWのMSから3機を紹介しました。もちろんこの他にもWには多数のMSが登場します。なお選択肢には、テレビ版および直接の続編であるOVA「Endless Waltz」(EW)に登場するMSを用意しています。外伝や小説に登場する機体やMSVなどの機体は含めていませんが、もしも選択肢以外のMSに投票したい場合は「その他」を選択のうえ、コメント欄に機体名と投票理由をお書きください。

 また、各MSのお気に入りポイントや作中の好きなシーンなどの感想もぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

ガンダムW
画像はAmazon.co.jpより引用

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング