メディア

【PERSONZ】シングル曲人気ランキングTOP21! 第1位は「7 COLORS(Over The Rainbow)」に決定!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、10月23日から10月30日までの間「あなたが一番好きなPERSONZのシングル曲は?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、PERSONZのシングル曲全34曲。好きな曲が投票項目にない場合は「その他」に投票のうえ、コメントで曲名を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは計522票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは、投票結果を見てみましょう。

advertisement

第3位:CAN’T STOP THE LOVE

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第3位は「CAN’T STOP THE LOVE」でした。全体の9.8%となる票を獲得しています。1988年発売のPERSONZ3枚目のシングル曲です。

 1988年に発表された曲でありながら古さをまったく感じない、PERSONZの魅力が詰まった楽曲。JILLさんの魅力的な歌詞もさることながら、ギターの本田毅さん、ベースの渡邉貢さん、ドラムの藤田勉さん、それぞれの演奏も存分に楽しめます。

advertisement

第2位:DEAR FRIENDS

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第2位は「DEAR FRIENDS」でした。全体の18.6%となる票を獲得しています。1989年に発売された4枚目のシングル曲で、TBS系列ドラマ「ママハハ・ブギ」の主題歌として使用された楽曲です。

 2018年には伊藤園のCM「お〜いお茶 新緑」深呼吸編で、久保田紗友さんが「ひとりじゃないのよ」と歌唱していることでも話題になりました。冒頭の立ち上がり部分や、サビ部分の耳に残る印象的な歌詞から、今でも歌えるという方も多いのではないでしょうか。

advertisement

第1位:7 COLORS(Over The Rainbow)

画像は「PERSONZ OFFICIAL WEBSITE」より引用

 第1位は「7 COLORS(Over The Rainbow)」でした。得票数は136票で全体の26.1%もの票を獲得しています。1989年に発売された5枚目のシングル曲です。

 宝石のようなキラキラした言葉の中に、PERSONZらしいしゃれた表現が散りばめられた楽曲。バブル景気の中盤から後半に制作されたMVによく見られた「多色使いでカラフルな効果」がとても印象的。30年以上が経過した現在においても、懐かしいのに新しいと感じられる作品です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.