メディア

あなたの好きな「近畿・北陸地方」の温泉地はどこ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ゆったりと体を伸ばし、芯までポカポカ温まりながら、健康や美容にさまざまな効果も期待できる温泉。体だけでなく心の疲れも癒してくれる温泉は、日本人はもちろん海外の観光客にも愛されています。

 そこで今回は、「近畿・北陸地方の好きな温泉地」というアンケートを実施します。近畿には京都・大阪・神戸の三都があり、古くから発展してきた温泉も少なくありません。ここでは、特に人気の高い温泉地から3カ所を紹介します。

advertisement

有馬温泉

画像は「写真AC」より引用

 日本三古湯や林羅山の日本三名泉、枕草子の三名泉にも数えられている「有馬温泉」。江戸時代に行われた温泉番付では、当時の最高位である西の大関に格付けされたほど、長い歴史と揺るぎない評価、そして人気を誇っています。環境省が療養泉として指定している9つの主成分のうち、世界的にも珍しい7つもの成分を含んでいるのも特徴です。

 現在の神戸市北区に位置する有馬温泉は、三都から気軽に行けるアクセスのよさも大きな魅力。大阪からなら、バスや電車でわずか1時間ほどで日常を脱出できます。

advertisement

和倉温泉

画像は「写真AC」より引用

 「和倉温泉」は、石川県七尾市にある全国でも指折りの高級温泉街。1200年の歴史があるとされ、1880年(明治13年)にドイツで開催された万国鉱泉博覧会では、「世界三等鉱泉」に選ばれました。無色透明ながら塩分の強い泉質で、神経痛や関節痛・腰痛などに効果があるといわれています。

 和倉温泉といえば、「プロが選ぶホテル・旅館100選」で2016年まで36年連続1位を獲得してきた「加賀屋」が有名。2017年に一度は3位にランクダウンしたものの、2018年以降は再びトップに君臨し続けています。

advertisement

南淡路温泉郷

画像は「写真AC」より引用

 「南淡路温泉郷」は、兵庫県最南端に位置する淡路島の南あわじ市にある6つの泉源の総称です。多くがアルカリ性のなめらかな肌触りで、保湿や美肌効果も期待できます。おだやかな島ならではの自然や、のんびりとした時間も人気の理由。神戸三宮から高速バスで簡単に行けるアクセス性も魅力です。

advertisement

あなたが一番好きな近畿・北陸の温泉地は?

 選択肢には、近畿・北陸地方の主だった24の温泉地をリストアップしました。もちろんこのほかにも、魅力的な温泉を知っているという人はたくさんいるでしょう。その場合はぜひ、「その他」を選択のうえコメント欄で教えてくださいね! たくさんの投票およびコメントをお待ちしています。

画像は「写真AC」より引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.