メディア

【声優】「置鮎龍太郎」さんが演じたテレビアニメキャラ人気ランキングTOP31! 「三井寿」を抑えた1位は?【2021年投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1990年に声優デビューをして以来、イケメンから三枚目までさまざまなキャラクターを熱演している「置鮎龍太郎」さん。そこで、ねとらぼ調査隊では、2021年11月26日から12月2日まで「置鮎龍太郎さんが演じたアニメキャラであなたが一番好きなのは?」というテーマでアンケートを実施しました。

 今回のアンケートでは、総数1298票の投票をいただきました。ありがとうございます! それでは、結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:沖矢昴【名探偵コナン】

 第3位は名探偵コナンに登場した「沖矢昴」です。当初は大学院生として登場し、並外れた推理力と戦闘力で主人公の江戸川コナンたちのピンチを救います。その正体はFBI捜査官の赤井秀一で、自らの死を偽装して潜伏生活を行っています。襟の詰まった服を常に着ていますが、これは首元に変声機を隠すためでした。そのミステリアスなキャラを置鮎さんは器用に演じました。

advertisement

第2位:三井寿【SLAM DUNK】

三井寿【SLAM DUNK】
画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第2位はSLAM DUNKの「三井寿」です。1993年からテレビ朝日系で放送されていた人気アニメで、三井は主人公の所属する湘北高校バスケ部の主要キャラとして登場します。中学時代には天才と呼ばれながら、怪我が原因でバスケを辞めて不良になってしまう役となりました。更生をするきっかけとなった名言「バスケがしたいです」は作品中でも屈指の有名なシーンですよね。

advertisement

第1位:手塚国光【テニスの王子様】

手塚国光【テニスの王子様】
画像は「Amazon.co.jp」より引用
青学最強の男<前篇>"

青学最強の男<前篇>

Amazonの情報を掲載しています

 第1位はテニスの王子様の「手塚国光」です。手塚は主人公の越前リョーマが通う青春学園中等部のテニス部部長で、全国的にも名が通っているテニスプレイヤーです。性格はクールながら、誰よりもテニス部のことを熱く思う部長として描かれます。置鮎さんは内に秘める熱さを見事に表現しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.