メディア

【Nintendo Switch】あなたが一番好きな「売り上げ50万本以上」を達成したゲームタイトルは?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 据え置きだけでなく携帯もできる万能性から、多くのゲーマーに支持されている「Nintendo Switch」。マリオやポケモンなど、長年にわたる人気のタイトルが豊富にそろっている点もNintendo Switchの大きな魅力です。

 そこで今回ねとらぼ調査隊では「あなたが一番好きな『売り上げ50万本以上』を達成したNintendo Switchのゲームタイトルは?」というアンケートを実施します。人気ゲームタイトルの中から、あなたのお気に入りを教えてください!

 まずは編集部がピックアップした4作品を紹介します。

advertisement

あつまれ どうぶつの森

画像は「Amazon.co.jp」より引用
あつまれ どうぶつの森 -Switch"

あつまれ どうぶつの森 -Switch

5,280円(07/07 23:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

 任天堂の人気コミュニケーションゲーム「どうぶつの森シリーズ」の最新作「あつまれ どうぶつの森」。無人島で必要なものを集めて自分好みの島を作り上げる自由度の高さが魅力のゲームで、世界累計販売本数が3000万本を超えるメガヒットを記録しています。

 ソロプレイはもちろん、オンラインマルチプレイで友達と遊んだり、季節に合わせたイベントを楽しめるのも醍醐味です。

advertisement

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

画像は「Amazon.co.jp」より引用
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch"

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL – Switch

6,100円(07/07 23:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

 任天堂の人気格闘ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズの最新作「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」。体力を削り合って相手をノックアウトする一般的な格闘ゲームとは異なり、相手を場外にさせれば勝ちというルールが特徴です。

 作品の垣根を超えてさまざまなゲームのキャラが登場するのも大きな魅力で、本作では80を超えるキャラクターが参戦しています。

advertisement

ポケットモンスター ソード・シールド

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 「ポケモン」シリーズの新作として2019年に発売された「ポケットモンスター ソード・シールド」。ポケモンの捕獲や育成、マップ探索の面白さはもちろん、新たに追加されたバトル要素「ダイマックス」も魅力です。ダイマックスはポケモンが巨大化し、一時的に能力や技が強化されるシステムで、戦略性が増したことでバトルの面白さに磨きがかかっています。

advertisement

ファイアーエムブレム 風花雪月

画像は「Amazon.co.jp」より引用
ファイアーエムブレム 風花雪月 -Switch"

ファイアーエムブレム 風花雪月 -Switch

6,450円(07/07 23:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

 「ファイアーエムブレム」シリーズの新作として2019年に発売された「ファイアーエムブレム 風花雪月」。主人公が士官学校の教師という一風変わった設定で、ストーリーは「士官学校編」から始まり、その5年後を描いた「戦争編」の二部構成となっています。

 士官学校編では3つの学級が存在し、選んだ学級によって仲間とその後のストーリー展開が大きく変わるのが特徴です。

advertisement

あなたが一番好きな「売り上げ50万本以上」を達成したNintendo Switchのゲームタイトルは?

 投票対象となるゲームタイトルの中から4作品を紹介しました。投票対象は、累計50万本以上を売り上げたNintendo Switchのゲームタイトル25作品となります。

 それでは下のアンケートより、ご投票よろしくお願いします!

画像は「Amazon.co.jp」より引用

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.