メディア

【戦隊ヒロイン】「スーパー戦隊シリーズ出演女優」タレントパワーランキングTOP13! 2位は「飯豊まりえ」さん!【2021年調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日1月5日は、女優の飯豊まりえさんのお誕生日です。飯豊さんは1998年のこの日に産まれ、2008年にファッション誌『ニコ☆プチ』のオーディションでグランプリを獲得。『nicola』や『Seventeen』のモデルとして活動しながら女優業を開始し、数々のドラマや映画で存在感を放っています。2021年末に第2弾が放送された、『ジョジョの奇妙な冒険』のスピンオフドラマ「岸辺露伴は動かない」でも第1弾に続き出演し、話題になりました。

 そこで今回は、飯豊さんが上位に輝いた「スーパー戦隊シリーズ出演女優のタレントパワーランキング」を見てみましょう! これはアーキテクトが実施しているタレントパワーランキングの最新調査結果から、歴代スーパー戦隊ヒロインのパワースコアをランキング化したもの。パワースコアとは、タレントの「認知度」と「関心度」のデータをもとに算出したものです。スーパー戦隊シリーズに出演経験のある女優のうち、パワースコア上位となったのは?

【出典】タレントパワーランキング「歴代スーパー戦隊ヒロインランキング!」

advertisement

第3位:高梨臨

 第3位となったのは、「高梨臨」さんでした。パワースコアは13.5となっています。

 2005年に芸能界デビューした高梨さんは、アイドルグループでの活動経験があるほか、ファッションモデルとしても活躍。そして、2009年には「侍戦隊シンケンジャー」にて白石茉子/シンケンピンク役として出演しました。その後は2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」にも出演するなど、現在もドラマ・映画で活躍しています。

advertisement

第2位:飯豊まりえ

 第2位には「飯豊まりえ」さんがランクイン。パワースコアは16.9でした。

 飯豊さんは「ニコ☆プチ」や「Seventeen」などのファッション誌でモデルとして活躍。2013年の「獣電戦隊キョウリュウジャー」では、弥生ウルシェード/キョウリュウバイオレット役で出演しました。その後もさまざまなドラマや映画に出演しているほか、CMなどでもおなじみですね。

advertisement

第1位:新川優愛

 そして第1位は、「新川優愛」さんでした。パワースコアは19.3となりました。

 女優として活動しながらファッション誌「Seventeen」や「non-no」などで専属モデルも務めた新川さん。スーパー戦隊シリーズでは、2012年に放送された「特命戦隊ゴーバスターズ」の第41話に登場したゲストキャラクター・早乙女レイカ/怪盗ピンクバスター役で出演しました。1話限りのゲストながら強いインパクトを残しましたよね。その後も、多くのドラマに出演するなど活躍中です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング