メディア

「最も多くの人が訪れた温泉」ランキングTOP30! 第1位は「箱根温泉」!【2021年最新調査/じゃらん】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 旅行情報誌『じゃらん』を発行するリクルートは、2021年12月8日に「人気温泉地」の調査結果を発表しました。今回は、その中から「全国温泉地1年間の訪問経験ランキング」を紹介します。

 対象は、東京都と沖縄県を除いた全国327の温泉地。回答者は、全国の「じゃらんnet」会員1万3848人です。それでは結果を見ていきましょう。

(出典:「じゃらん人気温泉地ランキング2022」投票結果報告

advertisement

第3位:草津温泉(群馬県)

画像は「写真AC」より引用

 第3位は「草津温泉」でした。得票数は856票です。草津温泉は温泉の自然湧出量日本一を誇り、古くから人びとに親しまれていました。温泉街の中心には湯畑が湧いており、象徴的な存在として人気を集めています。情緒あふれる温泉街の周りには、リゾートホテルや温泉センターなどの施設が充実。草津温泉スキー場なども近く、アクティビティや散策を楽しんだ後に温泉に入れるのも魅力で、無料の共同浴場も点在しています。

advertisement

第2位:熱海温泉(静岡県)

熱海
画像は「写真AC」より引用

 第2位は「熱海温泉」でした。得票数は964票です。熱海温泉は日本の「三大温泉」の1つであり、長い歴史を有する温泉。徳川家康が湯治として利用したともいわれています。熱海の温泉旅館は、ノスタルジックな宿から高級感のあるリゾートホテルまで種類が豊富なのが特徴。観光地としても人気を博しており、海水浴や花火大会などを楽しめるのも魅力です。都心からのアクセスもよく、多くの観光客で賑わう温泉地です。

advertisement

第1位:箱根温泉(神奈川県)

画像は「写真AC」より引用

 第1位は「箱根温泉」でした。得票数は1444票です。奈良時代に開湯したといわれ、江戸時代には「箱根七湯」として知られていたようです。現在は「箱根十七湯」や「箱根二十湯」と呼ばれ、多くの人に親しまれています。都心からアクセスしやすく、気軽に温泉旅行を楽しめるのも魅力です。旅館の種類も多く、風情のある宿から高級感あふれる宿まで予算や好みに合わせて選べます。「大涌谷」や「箱根神社」などの観光スポットが多い点も特徴です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.