メディア

2021年に登られた「北陸エリアの山」ランキングTOP5! 第1位は「立山」!【2021年最新データ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 登山者に人気の高い山登りGPSアプリ「YAMAP」を運営する「ヤマップ」が、2021年に「登られた山」ランキングを発表しました。このランキングは、「YAMAP」に投稿された活動日記数が多かった山を、エリア別に集計したものです。

 今回は、自然が多く登山者にも人気の高い「北陸エリア」のランキングを紹介します。それではTOP2から見ていきましょう。

(出典元:2021年に『登られた山』ランキングを公開 | 株式会社ヤマップ

advertisement

第2位:白山(石川・岐阜県)

画像は「写真AC」より引用

 第2位は石川県と岐阜県をまたぐ、標高2702メートルの「白山」です。富士山と同じく日本三霊山の一つで、日本百名山にも選定されています。登山シーズンには多くの花が咲き、石川県の県花であるクロユリを見ることも。山頂からは360度見渡せる絶景を楽しむことができ、早朝のご来光を目指す登山者も多くいます。

advertisement

第1位:立山(富山県)

画像は「写真AC」より引用

 第1位は富山県に位置する、標高は3015メートルの「立山」です。第2位の白山と同じく日本三霊山の一つで、日本百名山にも選定されています。雄山・大汝山・富士ノ折立の3峰からなる連峰で、山岳信仰の山として人気。難所はさほどなく、初心者でも山頂を目指しやすい山なのもうれしいポイント。上級者には浄土山などをめぐる周回コースも人気です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.