メディア

「中国・四国のお風呂が良かった旅館」ランキングTOP10! 1位は「東道後のそらともり」【2021年11月時点/じゃらん】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 温泉、夕食、観光地、お土産など、旅行の楽しみはたくさんありますよね。出かける前から、あのお店や観光スポットに寄ろう、あのお土産を買って帰ろうなど、想像して楽しんでいる人も多いと思います。

画像は「写真AC」より引用

 今回は、リクルートが運営する旅行予約サイト「じゃらんnet」の協力のもと、「中国・四国のお風呂が良かった旅館」ランキングを紹介します。ランキングは、じゃらんnetに投稿されたクチコミの「風呂」の評点をベースに作成。集計期間は2020年12月1日~2021年11月30日までの1年間で、該当するクチコミが15件以上の宿泊施設が対象です。なお同点だった場合は、クチコミ投稿数の多い施設が上位となります。

 それではさっそくランキングを見てみましょう!

(出典:じゃらんnet「中国・四国/泊まって良かった(風呂)宿ランキング」

当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第3位:のがわや旅館(島根県)

 第3位は、世界遺産に登録されている温泉津(ゆのつ)温泉街にある「のがわや旅館」でした。大正時代創業のお宿で、風情ある温泉街に当時のままの面影を残しながらたたずんでいます。客室は大正ロマン漂う純和風の造りで、広さは6畳から20畳まであるため、お一人様はもちろんファミリーにもおすすめです。食事は、新鮮な地魚をふんだんに使った彩り鮮やかな懐石料理で、島根の旬の味を楽しめます。温泉は岩風呂と石風呂、貸切風呂の3タイプ。薬効の高さから湯治場として人気を集めています。

advertisement

第2位:和の宿 ホテル祖谷温泉(徳島県)

 第2位は「和の宿 ホテル祖谷温泉」でした。日本三大秘境である祖谷渓にある一軒宿です。ケーブルカーで向かう源泉かけ流しの露天風呂に加え、2021年3月にリニューアルした展望風呂など、温泉自慢のお宿でもあります。山菜に祖谷そば、祖谷豆腐など、食事でも祖谷の恵みを感じることができますよ。阿波牛や祖谷ジビエなどお肉を味わえるコースも人気です。 和のテイストにモダンなしつらえを取り入れた客室や、展望レストランから広がる景色も絶景! 山なみを一望できる展望テラスも2021年に新規オープンし、祖谷の自然を満喫するにはうってつけのホテルです。

advertisement

第1位:東道後のそらともり(愛媛県)

 第1位は、松山市にある「東道後のそらともり」でした。美肌の湯として知られる東道後温泉郷にオープンした複合温浴施設で、「氣の養生」がコンセプト。温泉はもちろん、サウナや岩盤浴まで楽しめます。すべての客室に半露天風呂がついており、チェックイン前後も館内の施設を自由に利用可能と、まさに温泉三昧! テラスでのバーベキューや管理栄養士監修のメニューなど、豊富な夕食メニューも要チェックです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.