メディア

【大相撲】「平成以降の横綱」で最強だと思う力士ランキングTOP14! 1位は「貴乃花」!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本の国技として根強い人気をほこっている「相撲」。数多く力士がいる中で最高位にあたる「横綱」は、相撲の強さだけでなく私生活などでの品格も求められます。相撲界ではこれまで、73人の横綱が誕生して大相撲を盛り上げてきました。そこで、ねとらぼ調査隊では、2022年1月7日~13日まで「平成以降の横綱で最強だと思う力士は誰?」というアンケートを実施していました。

 今回のアンケートでは、3552票の投票をいただきました。たくさんのご投票、ありがとうございます! それでは、さっそく結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:白鵬 翔

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第3位は541票を集めた「白鵬」さんです。モンゴル・ウランバートル出身で、第69代の横綱として大活躍をしました。平成後期に勝ち星を上げ続け、生涯戦歴は1187勝247敗となりました。2021年12月に「幕内優勝の最多回数(45回)」「横綱在位の最長期間(84場所)」など、5つの記録がギネス世界記録に認定されています。コメント欄では「歴代一位の記録を数々持っている白鵬以外あり得ない」との声が挙がっています。

advertisement

第2位:千代の富士 貢

画像は「Amazon.co.jp」より引用
NHKスペシャル 横綱 千代の富士 前人未到1045勝の記録"

NHKスペシャル 横綱 千代の富士 前人未到1045勝の記録

3,646円(05/17 23:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は985票を集めた「千代の富士」さんです。昭和から平成にかけて活躍した、「ウルフ」の愛称で国民的人気を獲得した大横綱です。第58代横綱として幕内優勝回数が31回、連勝記録が53回となっています。筋肉質な体格で抜群の運動神経をしていて、数々の名勝負を生み出しました。横綱在位期間は1981年9月から1991年5月で、角界初となる国民栄誉賞を受賞しました。引退会見は大々的に報じられ、「体力の限界……気力もなくなり、引退することになりました」という言葉は感動を呼びました。コメント欄では「大きな体の力士を力でねじ伏せる。強くてかっこいいが千代の富士の魅力です」との声が挙がっています。

advertisement

第1位:貴乃花 光司

画像は「Amazon.co.jp」より引用
NHKスペシャル貴乃花が夢だった [DVD]"

NHKスペシャル貴乃花が夢だった [DVD]

3,990円(05/17 23:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は1416票を集めた「貴乃花」さんです。父親は初代貴ノ花さん、兄も3代目若乃花さんという相撲一家に生まれ、兄弟揃って横綱となり「若貴フィーバー」を巻き起こしました。第65代横綱として、1995年1月から2003年1月まで活躍しました。生涯戦歴は794勝262敗で、千代の富士さんが引退した後の大相撲を大いに盛り上げました。2001年5月場所では、大怪我を負いながら武蔵丸さんと優勝決定戦で戦い見事に勝利。大相撲史上に残る名勝負として、いまも語り継がれています。コメント欄では「怪我をしなければ貴乃花は神がかった記録を打ち立てただろう。何といっても横綱らしい人格が目を引く」との声が挙がっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「スポーツ」のアクセスランキング