メディア

「母親役が似合う女優」ランキングTOP31! 40代以上の男女が選んだ1位は「吉永小百合」さん!【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ドラマや映画などで欠かせない役柄の1つといえば、「母親役」。作品によっては主人公が母親となっているものもあり、これまで数々の女優がさまざまな母親を演じてきました。そこでねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、40代以上の男女を対象に「母親役が似合う女優はだれ?」というアンケートを実施しました。どのような人がランクインしたのか、さっそくTOP2から見ていきましょう。

advertisement

第2位:綾瀬はるか

綾瀬はるか
画像は「Amazon.co.jp」より引用
ハゴロモ 綾瀬はるか 2022年 カレンダー 壁掛け CL22-0176 白"

ハゴロモ 綾瀬はるか 2022年 カレンダー 壁掛け CL22-0176 白

1,377円(05/18 08:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は「綾瀬はるか」さんです。綾瀬さんの母親役といえば、2018年に放送されたドラマ「義母と娘のブルース」で演じた役が印象的。血のつながっていない娘を、女手一つで育てる母親を演じました。2020年と2022年にはスペシャルドラマも放送されており、綾瀬さんの代表作の1つとなっています。

advertisement

第1位:吉永小百合

画像は「Amazon.co.jp」より引用
吉永小百合 私の生き方"

吉永小百合 私の生き方

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」制作班 築山卓観
1,870円(05/18 20:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

 そして第1位は、「吉永小百合」さんでした。「愛と死をみつめて」「キューポラのある街」など数々の名作映画に出演し、いまも高い人気を誇る吉永さん。年齢を重ねてからは母親役を演じることも増えており、2008年に公開された映画「母べえ」では、つらい境遇にあっても子どもたちと共に懸命に生きる主人公を演じました。また2015年に公開された映画「母と暮せば」では、亡霊となって現れた二宮和也さん演じる息子と、奇妙な生活を送ることになる母親を魅力たっぷりに演じています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「芸能人」のアクセスランキング