メディア

ワーキングマザーが嫌いな家事ランキング発表! 1位はカビやぬめりが面倒な浴室掃除

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 働きながら子育てもしていると、家事をするのはかなり面倒ですよね。そんな面倒くさい家事で一番嫌われているのはどれなのでしょうか?

 ビズヒッツとスマートアンサーは共同で、ワーキングマザーを対象に「あなたの一番嫌いな家事は何ですか?」というアンケートを実施し、その結果を発表しました。

 本記事では、その結果について紹介していきます!

3位:料理

 第3位は料理。レトルト食品やお弁当など、楽しようと思えばかなり楽できてしまう料理は、確かに毎日作るのは面倒くさいです。

 具体的な理由を見てみると「何を作るか、どう作るか、考えることが多くてめんどくさい」や「手間がかかるのに食べるのは一瞬で、家族からの感謝も感じられない。死ぬまで毎日やらないといけないと思うと心底うんざりする」「理由なし。とにかく嫌い!!」などの声が。買い物も結構面倒ですし、家にある材料で何がつくれるのかなど、毎日考えるのは嫌ですよね。

advertisement

2位:キッチンの換気扇やコンロ掃除

 第2位はキッチンの換気扇やコンロ掃除でした。油汚れを落とすのは本当に嫌! 触るのも気が引けます。

 選ばれた理由としては「油がギトギトで掃除しづらいし、時間がかかる」や「汚れが落ちにくい。換気扇は大きいので洗うにも場所を取るし、高いところにあるから取り付けや取り外しも面倒」「この家に住んで13年、換気扇の掃除を一度もしたことがない。触るのもイヤ」との声が見られました。換気扇もコンロもそうですが、部品を外さないと掃除できないっていうのも面倒ですし、やる気も起こりません。

advertisement

1位:浴室掃除

 そして第1位は浴室掃除でした! カビや排水溝のことを考えるのも嫌ですが、湯船や床を掃除するのって結構体力が必要とされますよね。

 選ばれた理由はシンプルなものが多く「カビ掃除が大変すぎる」「排水溝などが汚い」「面倒だし、汚いものを見るのが苦痛」などがあげられていました。これは納得の1位ですね。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.