メディア

「中学校」の数が多い都道府県ランキングTOP47! 1位は高知県【2021年最新調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 政府統計の総合窓口「e-Stat」が令和3年(2021年)度の「学校基本調査」を公開しました。今回は都道府県別学校数に関するデータから中学校に着目し、15歳以下1000人あたりの中学校数が多い都道府県を、ランキング形式で紹介します。

 単純に学校数だけを見れば、東京や大阪といった都市部が上位となりますが、「15歳以下1000人あたり」とすることで、また違った結果となりました。なお、人口は国勢調査のデータを元に、15歳以下のみを集計しています。

(出典: 政府統計の総合窓口e-Stat「学校基本調査 都道府県別学校数」

advertisement

第2位:青森県(1.13校)

 同率での第2位で青森県がラインクインしました。15歳以下1000人あたりの中学校数は1.13校です。青森県全体では157校あり、15歳以下の人口が13万9272人。2021年には2校が統合されました。また、弘前市には国立の弘前大学教育学部附属中学校が置かれています。

 青森県では中等教育の多様化推進のため、中高一貫教育の選択が可能。県立三本木高等学校において、公立学校としては県内初の併設型中高一貫教育を実施しています。

advertisement

第2位:和歌山県(1.13校)

 同じく第2位は和歌山県でした。15歳以下1000人あたりの中学校数は1.13校。和歌山県全体では128校あり、15歳以下の人口が11万3377人です。中学校数が最も多かったのは昭和24年の215校。生徒数の減少に伴い、小中高それぞれの学校数も減少していきました。

 現在和歌山県では、義務教育9年間を通した学習指導やスクールプランに基づいた学校経営、自己学習の促進などの施策により、子どもたちの学力向上を目指しています。

advertisement

第1位:高知県(1.57校)

 第1位は高知県でした。15歳以下1000人あたりの中学校数は1.57校です。高知県全体では127校あり、15歳以下の人口が8万718人。2021年3月には生徒数の減少により、室戸市立中川内中学校が羽根中学校と統合されています。

 高知県は「チーム学校の推進」を掲げ、組織力を高めながら教員同士がチームを組んで、主体的に学び合う取り組みを実施。また、地域と連携・協働したさまざまな体験が、キャリア教育に活かされています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.