メディア

あなたが一番好きな「山本耕史」さんの出演ドラマはどの作品?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 甘いマスクと細身のスタイルで人気の俳優・山本耕史さん。0歳の頃から乳児モデルとして活動し、今ではドラマや映画、舞台など多方面で活躍しています。

 今回ねとらぼ調査隊では「あなたが一番好きな山本耕史さんの出演ドラマはどの作品?」というアンケートを実施します。あなたが一番好きな山本耕史さん出演ドラマを教えてください!

 それでは山本さんが出演するドラマ4作品を紹介します。

advertisement

新選組!

 2004年に放送されたNHK大河ドラマ「新選組!」。​​新選組の局長・近藤勇を主人公とした、三谷幸喜さん脚本の作品です。山本さんは新選組の鬼の副長と呼ばれた土方歳三を演じました。香取慎吾さん演じる近藤勇とは、幼なじみで無二の親友。無類の女好きですが高い決断力を持つ切れ者で、作戦立案や組織造りが得意な知恵者として描かれていました。

advertisement

ひとつ屋根の下

 1993年にパート1、1997年に続編のパート2が放送されたドラマ「ひとつ屋根の下」。山本さんは柏木家の四男・柏木文也を演じました。バイクとの衝突事故により車椅子生活となってしまい、施設に入っていた15歳の文也。施設内でも兄弟の前でも話をしようとせず、ふさぎ込んでいました。しかし兄弟との生活で徐々に明るさを取り戻し、やがて画家を目指すようになります。

advertisement

陽炎の辻〜居眠り磐音江戸双紙〜シリーズ

 2007〜2017年に、NHK総合テレビで放送されていた時代劇ドラマシリーズ「陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜」。佐伯泰英さんの時代小説『居眠り磐音 江戸双紙』が原作で、山本さんは主人公の坂崎磐音を演じました。 磐音は九州にある架空の藩「豊後関前藩」の中老・坂崎正睦の長子で、幼なじみと剣術の修業に打ち込み、共に藩政改革を志していました。しかし、いいなずけの兄である小林琴平の上意討ちを命じられたことで藩を出奔し、浪人となって江戸に出るというストーリーです。

advertisement

きのう何食べた?

 2019年にテレビ東京系「ドラマ24」で放送されていた「きのう何食べた?」。よしながふみさんによる同名漫画が原作で、同性カップルが2LDKのアパートで同居する毎日を、食生活メインに描いた作品です。山本さんは小日向大策を演じていました。普段はポーカーフェイスですが、恋人の前では笑顔を隠せず、口調まで変わってしまうという役どころです。

advertisement

あなたが一番好きな山本耕史さんの出演ドラマはどの作品?

 山本耕史さんが出演するドラマ4作品を紹介しました。投票対象は、55作品のドラマとなります。好きな作品が投票項目にない場合は「その他」に投票のうえ、コメントで作品名を教えてください。

 それでは下のアンケートより、ご投票よろしくお願いします!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.