メディア

カッコいいと思う「京王線」の駅名ランキングTOP33! 1位は「聖蹟桜ヶ丘」!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 新宿を起点にして高尾山口などを結ぶ「京王線」。都内在住者でもわからないような、変わった名前の駅名も多くある路線です。そこで、ねとらぼ調査隊では、1月28日から2月3日まで「名前がかっこいいと思う京王線の駅は?」というアンケートを実施していました。

 今回のアンケートでは、2906票の投票をいただきました。たくさんのご投票、ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:国領

画像は「写真AC」より引用

 第3位は「国領」です。「こくりょう」と読む、東京都調布市にある駅です。かつて、調布市に石原プロモーションがあったことから「太陽にほえろ!」や「西部警察」のテーマ曲を構内のメロディに使用しています。駅名は、この地が武蔵国の公領だったことに由来していると言われています。

advertisement

第2位:桜上水

画像は「写真AC」より引用

 第2位は「桜上水」です。「さくらじょうすい」と読む、東京都世田谷区にある駅です。名前の由来は、駅周辺に流れる玉川上水に桜並木があったことからつけられたと言われています。近隣には日本大学文理学部のキャンパスもあり、活気のある町として知られています。「玉川上水跡の桜など緑が多い印象、北沢車庫前から出世したね」とのコメント通り、開業時から名前が変わったことで、印象も変化した駅かもしれません。

advertisement

第1位:聖蹟桜ヶ丘

画像は「写真AC」より引用

 第1位は「聖蹟桜ヶ丘」です。読み方は「せいせきさくらがおか」で、東京都多摩市にある駅となります。元々は「関戸駅」でしたが、1937年5月に駅名が変更となりました。意外にも、京王電鉄の本社が駅前にある駅としても有名です。

 コメント欄では「田舎者なのでどんな街か何と読むのかすらわかりませんでしたが、字面で一番高貴な感じがしたので選びました」との声が挙がっています。 その通りで、「聖蹟」とは天皇がかつて訪れた土地という意味の言葉です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング