メディア

「ゴジラ」シリーズ歴代作品人気ランキングTOP29! 第1位は「シン・ゴジラ」!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、2022年1月30日から2月6日まで「あなたが好きな「ゴジラ」作品は?」というアンケートを実施していました。

 今回のアンケートでは、総数2707票の投票をいただきました。ありがとうございます!

 迫力のある映像で世界的に人気の高い、日本が誇る特撮怪獣映画の金字塔「ゴジラ」。1954年に第1作「ゴジラ」が公開されて以来、さまざまなシリーズ作品が制作されてきました。そんなゴジラシリーズで最も人気を集めた作品は何だったのか、ランキングを見ていきましょう!

advertisement

第3位:ゴジラ(1954年)

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第3位は260票を集めた、初代「ゴジラ(1954年)」でした。人間による水爆実験の影響で怪獣となったゴジラが、東京に上陸して破壊の限りをつくすという、記念すべきシリーズ1作目。迫力のあるBGMや、恐ろしくもかっこいいゴジラの造形など、それまでになかった怪獣特撮映画となり、大ヒットを記録しました。また、ただのモンスターパニック映画ではなく、人間ドラマや環境問題なども取り入れたストーリーが魅力的な作品となっています。コメント欄では「どの作品も素晴らしいがあのクオリティは真似できない」といった声が挙がっていました。

advertisement

第2位:ゴジラvsビオランテ

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第2位には、362票を集めた「ゴジラvsビオランテ」がランクイン。1989年に公開された作品。遺伝子操作などのバイオテクノロジーの倫理的な問題をテーマにしつつ、怪獣同士の戦いだけでなく、さまざまな可能性を秘めたゴジラ細胞を巡って争う人間同士の戦いや、ゴジラという“特殊災害”から国土を守るために戦略的に行動する自衛隊の戦いをリアルに描き、既存の特撮映画とは一線を画す大人向けのSF映画として、多くの支持を集めました。コメント欄では「対ゴジラ作戦中心の自衛隊との戦いが非常に魅力的に描かれたところが一推しの作品です」といった声が見受けられました。

advertisement

第1位:シン・ゴジラ

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 そして第1位は、375票を集めた「シン・ゴジラ」でした! 2016年に公開された映画で、「新世紀エヴァンゲリオン」などで知られ、特撮作品にも造詣が深い庵野秀明さんと樋口真嗣さんらによって制作された作品です。「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」というキャッチコピーの通り、もし現代の日本にゴジラが出現したら日本政府はどのように対処するのかというコンセプトで、政治家や官僚たちの奮闘をリアルに描き、それまでにない新たなゴジラ映画として大ヒットしました。人間たちの複雑な思惑が絡み合う展開が、非常におもしろい作品となっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.