メディア

「大泉洋」さん出演映画で好きな作品は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 俳優、声優、歌手、コメディアンなど数多くの顔を持つ大泉洋さん。その多彩な才能を惜しまず発揮し、八面六臂の活躍ぶりを見せています。北海道出身の大泉さんは、深夜番組として異例の大ヒットを記録した「水曜どうでしょう」でブレイク。その後は東京に拠点を移し、ドラマ「ハケンの品格」や「おかしなふたり」など数々の話題作に出演して人気俳優の地位を固めました。現在放送中のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも出演し重要な役を演じています。

 また、大泉さんはさまざまな映画作品でも主演をつとめています。どの映画も、大泉さんの唯一無二の魅力あふれる作品に仕上がっていますよね。

 そこで今回のねとらぼ調査隊では、大泉さんが出演する映画作品の人気投票を行います! まずは編集部がピックアップした3作品を紹介します。

advertisement

探偵はBARにいる シリーズ

出典「Amazon.co.jp」

 「探偵はBARにいる」シリーズは、北海道・ススキノが舞台のミステリー作品。原作は小説家・東直己さんによる『ススキノ探偵』シリーズです。大泉さんが演じる主人公は、行きつけのバーで依頼人からの電話を受ける“探偵”。作中で名前は明かされておらず、軽妙ながらミステリアスな印象も受けるキャラクターです。大泉さんはこのシリーズで、日本アカデミー賞・主演男優賞にも輝きました。

advertisement

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

出典「Amazon.co.jp」

 続いて紹介する「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」もまた、北海道を舞台にした作品。原作はノンフィクション作家・渡辺一史さんのデビュー作『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』です。

 大泉さん演じる主人公は、身体の筋肉が壊れやすく再生されにくい症状をもつ難病「筋ジストロフィー」を抱える鹿野靖明。自力で動くことが難しい状態でありながら、自由過ぎる言動で周囲を翻弄します。周りを困らせつつも愛されキャラの主人公は、演じた大泉さんにも通じるところがあると評判を呼びました。

advertisement

騙し絵の牙

出典「Amazon.co.jp」

 大泉さんをイメージして主人公を「当て書き」した塩田武士さんによる小説『騙し絵の牙』の劇場版。当初から映像化も視野に入れて企画され、公開前から注目を浴びました。主人公は大手出版社の編集長・速水。大泉さん特有の言動が色濃く反映されたキャラクターながら、二面性を持った“曲者”の顔が見られます。

advertisement

あなたが一番好きな「大泉洋」さんの出演映画は?

 以上、大泉洋さんが出演する映画3作品を紹介しました。それでは投票に移ります! 今回は選択肢に42作品を用意。このなかから、あなたが一番好きな大泉さん出演映画を選んで投票してください。投票したい作品が選択肢にない場合は「その他」に投票の上、コメント欄よりご記入ください。投票理由や、大泉さんへの熱い想いもお待ちしています。

あなたが一番好きな「大泉洋」さんの出演映画は?
合計:2557票
実施期間:2022/02/27 00:00 〜 2022/03/06 00:00
投票は締め切りました

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.