メディア

ガンプラ40周年の集大成“PGUガンダム”発表にSNSで「最高のプラモデルになる」と大好評 気になる販売価格は妥当か?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 BANDAI SPIRITSは10月8日、ガンプラ40周年の集大成となる「PERFECT GRADE UNLEASHED 1/60 RX-78-2 ガンダム(以下、PGUガンダム)」を発表しました。

 アニメ「機動戦士ガンダム」の主人公機「RX-78-2 ガンダム」は、1980年7月に初めてガンプラとして登場。これまでHG(ハイグレード)、RG(リアルグレード)、PG(パーフェクトグレード)と、さまざまなグレードでプラモ化されてきた本機ですが、今回は「PERFCT GRADE UNLEASHED(PGU)」という新たなブランドで誕生します。

 PGUは、ガンプラ40周年の歴史で積み上げられた進化を「GUNPLA EVOLUTION LIN SYSTEM」と称し、段階的な組み立て工程を採用。組み立てやすさ、可動性能、構造、外装表現、演出にそれぞれ進化を感じられる設計となっています。

 また、PGUガンダムが発表された「GUNPLA PRESENTATION VR先行プレミアム発表会」では、古谷徹さん演じるアムロ・レイがPGUのブランドについて解説したことも話題になりました。

 そんなガンプラ40周年の集大成となるPGUガンダムの発表に、ネットではどのような反応があったのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

「PERFECT GRADE UNLEASHED ガンダム」の盛り上がりは?

 10月8日13時ごろ、BANDAI SPIRITS ホビー事業部の公式Twitterアカウントが情報を発表したことで話題となりました。

advertisement

多くのファンから「すごい」と大好評

 PGUガンダムに関連するツイートでは「PGUガンダム、すごい集大成感がある」「PGUガンダム、がっしり体系でかっこいいな」など、「すごい」「かっこいい」といった関連ワードが頻出していました。ファンからはかなり好評のようです。

 細かく見ていくと「進化がすごい。久しぶりに欲しいと思った」「コアブロックが剥き出しではないのは不満だけど、組み立てる楽しさという点では最高のプラモデルになると思う」と、さまざまな観点から「すごい」と評価するツイートが見られています。

 また、関連ワードは他にも「おかしい」 が頻出していました。これは「ここまでやるか!? バンダイさん、頭おかしいよ(良い意味で)」「控えめに言ってバンダイは頭おかしい(褒め言葉)」など、ポジティブな意味合いでの「おかしい」として使われており、新たなガンプラが発表される際のおなじみの誉め言葉となっています(参考)。

advertisement

気になる価格はそこまで高くはない?

 12月に世界で順次発売される予定のPGUガンダム。国内では2万7500円(税込)と販売価格も発表されました。プラモデルを頻繁に購入しない人にとっては尻すぼみしてしまいそうな金額ですが、この販売価格についてファンはどのように思っているのでしょうか。

 販売価格について触れているツイートを見てみると、「『でも、お高いんでしょう?』って思ったけれど、それほどまでもないな(高いは高いけど)」「ギミックとかもろもろすごいのに、そんなべらぼうに高い値段でもなかった」と、予想よりも高くはなかったとの声が多く見られました。

 中には「2万7500円でも高くはない感じ。体験の代金も含めたらこれくらいが妥当な気がする」と、妥当な販売価格ではないかとの声も見られています。一部のファンからは納得の販売価格のようです。

 また、7月にはガンダリウム合金を再現した22万円のガンプラ「ガンダリウム合金モデル 1/144 RX-78-2 ガンダム」が発表されたこともあり、2万円台のガンプラでは驚かなくなっている……のかも?

 ガンプラ40周年の集大成「PERFECT GRADE UNLEASHED 1/60 RX-78-2 ガンダム」は、2020年12月より日本含む世界で順次発売予定。メーカー希望小売価格は2万7500円(税込)となっています。

調査概要

調査期間2020年10月8日
調査対象Twitter
調査件数2239 件(10%サンプリング)
調査キーワードPERFECT GRADE UNLEASHED ガンダム
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正
Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ランキング