メディア

【バイク】スズキの「歴代KATANA(カタナ)シリーズ」で好きなのは?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 スズキが製造販売を行ったオートバイ「KATANA(カタナ)」シリーズ。1981年に発売後、1987年には一旦生産終了するものの、国内人気の高さゆえ1990年に再び生産が再開。以後、2000年のファイナルエディションまで生産が続いた人気のシリーズです。さらに2019年にはGSX1100S KATANAを原点とした新型KATANAが復活し、多くのファンが歓喜しました。

 ということで、本記事では「スズキの歴代『KATANAシリーズ』で好きなのは?」というアンケートを実施します。あなたの思い出に残るKATANAシリーズにぜひご投票ください! まずは編集部がピックアップした歴代KATANAを3モデル紹介します。

advertisement

GSX1100S

 KATANA最初の市販モデル「GSX1100S」。排気量1074ccの空冷直4で、最高出力111PSを発揮するGSX1100E用ベースのエンジンを載せた性能面にも優れたモデルです。

 当時日本には二輪車種は排気量750ccまでとした自主規制(ナナハン規制)が存在したため、ヨーロッパ向けに輸出販売されました。そのため日本で走行している車種は、逆輸入したもの。ちなみに「逆輸入」という言葉の普及に一役買った存在としても知られています。

advertisement

GSX750S

 1982年、ナナハン規制のある国内向けに販売された「GSX750S」。極端な身体のポジションを有するGSX1100Sシリーズのデザインでは、車両保安基準をクリアできず、ハンドルやスクリーン、スポイラー、ステッカーなど見た目がGSX1100Sシリーズとは異なりました。

 そのため「GSX750S」を購入後、GSX1100Sシリーズのハンドルを取り寄せて交換する人が多く存在。しかし違法改造とみなされ、厳しい取り締まり(通称:カタナ狩り)を受けることになったそうです。

advertisement

GSX400S

 排気量398cc、水冷直列4気筒と乗り心地のよいエンジンを載せ、1992年に発売された「GSX400S」。外観は初代「GSX1100S」シリーズのデザインを模した“KATANAスタイル”が魅力のモデルです。

 なお1982年に発売された「GSX400E KATANA」とは、デザインや性能が大きく異なっています。

advertisement

スズキの歴代「KATANAシリーズ」で好きなのは?

 スズキが製造販売していた歴代「KATANAシリーズ」の中で、あなたが最も好きなモデルはどれですか? 下のアンケート欄から投票をお願いします。選択肢にない車種が好きだという人は「その他」へご投票の上、コメント欄に車種を書いてください!

出典「Amazon.co.jp」

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング