メディア

世界各国の平均年収ランキングTOP35! 第1位はアメリカ! 日本は何位?【2020年データ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 お金は幸せの絶対的な指標ではないものの、やはりもらえるものなら今よりもっと欲しいというのが人情ですよね。人々の年収はどこの国で高く、どこの国で低いのでしょうか?

 今回はOECD加盟国の統計データを公表する「OECD.Stat」のデータを基に「世界の平均年収ランキングTOP35」を紹介します。なお、データは2020年のものとなります。

 平均年収が高い国、そして日本は何位なのでしょうか? それではTOP3から見ていきましょう。

(出典元:OECD.Stat

advertisement

第3位:ルクセンブルク(6万5854ドル)

画像は「写真AC」より引用

 第3位はルクセンブルクでした。平均年収は6万5854ドルです。

 ルクセンブルクは金融サービス業を柱とする国で、近年の実質GDP成長率は、毎年3%以上をキープしています(2020年はマイナスに転落)。2020年の1人当たりのGDPは11万6921ドルで、これは世界1位の数値です。

advertisement

第2位:アイスランド(6万7488ドル)

画像は「Pixabay」より引用

 第2位はアイスランドでした。平均年収は6万7488ドルです。

 アイスランドはイギリスとグリーンランドの間にある北欧の国で、水産業や観光業などを産業の主力としています。2020年の1人当たりGDPは5万9643ドルで、世界8位の数値です。

advertisement

第1位:アメリカ(6万9392ドル)

画像は「写真AC」より引用

 第1位はアメリカでした。平均年収は6万9392ドルです。

 ITの巨人「Amazon」「Google」「Apple」「Meta(旧・Facebook)」をはじめ、「ゴールドマン・サックス」「JPモルガン、バークシャー・ハサウェイ」など、日本でもおなじみの企業がズラリと本社を構えるアメリカ。堂々の1位ランクインも納得ですね。

 なお、今回のランキングで日本は35カ国中22位でした。ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.