メディア

関西の「交通利便性が高い」と思う沿線ランキングTOP15! 1位は「地下鉄谷町線(天神橋筋六丁目~文の里)」!【2021年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 住む場所を選ぶにあたって、そこがどの沿線にあるかは重要な要素です。少ない乗り換えで職場や繁華街などにアクセス出来たらうれしいですよね。というわけで今回は大東建託が調査したいい部屋ネット「街の住みここち沿線ランキング2021<関西版>」から「交通利便性」の項目で高評価を獲得した沿線・エリアを見ていきたいと思います。

 ランキングは2019年から2021年にわたって各沿線・エリアの居住者に聞いた「交通利便性」満足度をもとに作成されています。さて、早速見ていきましょう。

(出典元:大東建託「いい部屋ネット 街の住みここち沿線ランキング2021<関西版>」

advertisement

第2位:京阪中之島線(天満橋~中之島)

画像は「写真AC」より引用

 2位となったのは「京阪中之島線」沿線です。京阪本線天満橋駅から中之島駅につながる5駅からなる路線で、堂島川と土佐堀川に挟まれた中洲「中之島」を主に通っています。この近辺にはビジネス街が広がっており、大阪を代表するホテル「リーガロイヤルホテル」や大阪市役所などがあります。重要施設が密集する大阪の中枢であり、交通利便性は非常に高いと言えそうです。

advertisement

第1位:地下鉄谷町線(天神橋筋六丁目~文の里)

画像は「写真AC」より引用

 1位となったのは地下鉄谷町線の「天神橋筋六丁目~文の里」の区間です。この区間には天満橋駅、東梅田駅、天王寺駅など、他の路線と接続できる駅が多数あり、交通利便性という点では申し分ありません。御堂筋線に次ぐ、大阪の大動脈のひとつと言えるエリアでしょう。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.