メディア

【大河ドラマ】あなたが「鎌倉殿の13人」で一番好きな登場人物は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2022年1月から放送されている「鎌倉殿の13人」。NHK大河ドラマ第61作にあたるテレビドラマで、「新選組!」などを手掛けた三谷幸喜さんが脚本を務めています。タイトルの由来となったのは、源頼朝没後に発足した体制「十三人の合議制」。そんな「鎌倉殿の13人」には、個性豊かな登場人物が登場します。

 そこで今回、ねとらぼ調査隊では「あなたが一番好きな『鎌倉殿の13人』の登場人物は?」という人気投票を実施します。あなたのお気に入りの登場人物に、ぜひご投票ください!

 それでは「鎌倉殿の13人」に登場する4人の人物を紹介します。

advertisement

北条義時(小栗旬)

 北条義時は源頼朝の右腕として活躍する人物です。元々は田舎の平凡な武家に生まれた子どもでしたが、姉の北条政子が源頼朝と結婚したことにより、今までの人生が一変する事態に。

 演じているのは小栗旬さん。坂東武士たちに振り回される義時を見事に演じ、スピード感のある乗馬シーンを披露するなど、作品の世界観を忠実に再現する演技力が注目されています。

advertisement

源頼朝(大泉洋)

 源頼朝は源氏の貴公子として名高い人物です。しかし平家に一族を滅ぼされ、流刑に処されることに。伊藤家で長らく監視されたことから、他人に対して本心を明かさない性格になってしまいます。

 演じているのは大泉洋さん。後の鎌倉幕府初代将軍になる大物ですが、大泉さんのアレンジが効いていて、親しみやすいキャラクター像になっています。

advertisement

三浦義村(山本耕史)

 三浦義村は北条義時の生涯の盟友として知られる人物です。若いながらも頭脳明晰で、周囲からも一目置かれている存在。盟友・義時を巻き込む源頼朝に対して、懐疑的な視線を向けている人物でもあります。

 演じているのは山本耕史さん。山本さんは時代劇の経験が豊富ですが、「刀とは違う持ち方をする太刀の扱いが難しかった」というエピソードも。鎧と太刀を使った迫真の演技に注目です。

advertisement

源義経(菅田将暉)

 源義経は源頼朝と生き別れた弟です。奥州平泉から挙兵に駆けつけました。性格に難こそありますが、いわゆる天才軍略家であり、戦場ではとても高いパフォーマンスを発揮する人物です。

 演じているのは菅田将暉さん。ヒーローやアイドルのような性質が強調されがちな源義経ですが、菅田さんは彼の人間らしい部分を巧みに演じています。

advertisement

あなたが一番好きな「鎌倉殿の13人」の登場人物は?

 「鎌倉殿の13人」に登場する4人の人物を紹介しました。投票対象は55人の登場人物となります。好きな人物が投票項目にいない場合は「その他」に投票のうえ、コメントで人物名を教えてください。

 それでは下のアンケートより、ご投票よろしくお願いします!

出典「Amazon.co.jp」
鎌倉殿の13人 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)"

鎌倉殿の13人 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

三谷 幸喜
1,210円(08/12 15:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング