メディア

あなたが一番好きなメガネチェーン店はどこ?【アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2000年代中盤ごろから、メガネ業界ではリーズナブルにメガネが作成できるメガネチェーン店が浸透してきました。レンズとフレームをセットで安価に購入できるチェーン店や、装着した人の健康を第一に考えるチェーン店など、現在もさまざまなメガネチェーン店が展開されています。

 ねとらぼ調査隊では、そんなメガネチェーン店の人気投票を実施します! あなたが愛用しているメガネのチェーン店や、これから買いたいと思っているメガネチェーン店に投票をお願いします。

写真ACより

 アンケートでは、国内のメガネチェーン店をいくつかピックアップしました。もし投票項目の中にお気に入りのチェーン店がない場合は「その他」に投票していただき、コメントでチェーン店の名前を教えてください。

 それでは、投票対象となるメガネチェーン店をいくつか簡単に紹介していきます。

advertisement

JINS

 JINS(ジンズ)は、国内で404店舗(2020年2月時点)を構える、日本最大級のメガネチェーン店です。国内だけでなく、中国やアメリカでも展開しています。

 機能的でオシャレなオリジナルのメガネが取りそろっており、その種類はなんと3000種類以上。レンズセットが税別5000円から購入可能で、オンラインショップも展開しています。大型ショッピングモールや駅ビルなどに店舗があるのも、うれしいところ。

advertisement

Zoff

 Zoff(ゾフ)は、国内で236店舗(2019年12月時点)を構えるメガネチェーン店です。海外では、中国やシンガポールなどに店舗展開しています。

 オシャレでリーズナブルなメガネが用意されており、中でも特殊軽量プラスチックが使用された、軽量で壊れにくいZoff SMART(ゾフ・スマート)は大ヒット製品として知られています。また、追加料金なしでブルーライトカットコートが装備できるので、仕事で長時間モニターを見る人にとってはうれしいですね。

advertisement

パリミキ・メガネの三城

 パリミキ、メガネの三城は三城社が国内外で店舗展開しているメガネチェーン店です。東日本では「パリミキ」、西日本では「メガネの三城」として店舗展開しています。

 1930年に「正確堂時計店」として誕生し、2020年で90周年を迎える老舗ブランド。充実したフレームやレンズはもちろん、メガネの産地として有名な鯖江産の高品質メガネ「PARIS MIKI MADE IN JAPAN project」などを展開しています。

advertisement

メガネスーパー

 メガネスーパーは、381店舗(2018年5月時点)を構える、大手メガネチェーン店です。

 安価なメガネが浸透している中で、メガネスーパーはアイケアに特化したサービスが強みとして知られています。中にはリラクゼーション専門ルームを備えた店舗も。また、オリジナルフレームだけでなく、Ray-BanやOAKLEYといった有名ブランドも取り扱っています。

advertisement

眼鏡市場

 眼鏡市場は、メガネやコンタクトレンズを販売するメガネトップのグループ店舗として、2006年10月に誕生しました。

 業界では珍しい自社工場を活かしたメガネフレームの開発および生産をしており、頻繁に人気アニメとのコラボ商品が登場していることでも知られています。

advertisement

メガネドラッグ

 メガネドラッグは、東京を中心に関東で店舗展開しているメガネチェーン店です。メガネをかけた桃太郎のマスコットキャラクター「モモちゃん」でおなじみ。

 老舗メガネ専門店として「メガネでできる健康生活」を掲げており、装着した人のパフォーマンスを向上させるための提案を行っているのが特徴です。

 以上、投票対象となるメガネチェーン店をいくつか紹介させていただきました。それでは、下記のアンケートより投票をお願いします。

advertisement

「メガネチェーン店」のアンケート結果

写真ACより

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.