メディア

【プロ野球】あなたが予想する2022年シーズンの「セ・リーグ優勝チーム」はどこ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 いよいよ2022年3月25日から、今年もプロ野球公式戦が開幕します。昨年は延長戦を実施せず9回限りで試合が終了となるなど、コロナ禍の影響によるさまざまな制限がありながらも、セ・リーグ、パ・リーグ共に最後まで熱い試合が続きました。延長12回制が復活する今季は、昨季以上に投手運用が勝利のカギを握るシーズンとなりそうです。

 そこで今回は「2022年シーズンのセ・リーグで優勝すると思うチームは?」というアンケートを実施します。まずはおさらいとして、昨季セ・リーグでAクラスに入った3チームの状況を紹介しましょう。

advertisement

東京ヤクルトスワローズ

 2021年のセ・リーグ優勝を果たした「東京ヤクルトスワローズ」。リーグ優勝だけでなく日本シリーズも制覇し、20年ぶり6回目の日本一に輝きました。今季も昨季の戦力とほぼ変わらず、充実の投手陣とセ・リーグ屈指の攻撃力を誇る野手陣も健在です。外国人勢もオスナ選手、サンタナ選手が残留し、扇の要となる中村悠平捕手もFA権を行使せずチームに残りました。

 また、今季はアンドリュー・スアレス投手、A.J.コール投手の外国人ピッチャー2人以外には大きな補強がないため、現有戦力が昨季以上の活躍をすることがリーグ連覇のためのカギとなりそうです。特にエースとして期待される奥川投手や高橋投手、中継ぎと抑えの要である石山投手は、1年を通した活躍が期待されます。

advertisement

阪神タイガース

 昨季は勝利数で上回りながらも勝率でヤクルトを下回り、惜しくも2位となった「阪神タイガース」。異例ともいえる矢野監督の今季限りの退任が開幕前に発表されるなど、今季は現体制としての集大成となるシーズンといえるでしょう。

 また、昨季まで2年連続でセーブ王を獲得した守護神のロベルト・スアレス投手がメジャーリーグに移籍したことは戦力的な痛手になるものの、オープン戦でさらなる進化を予感させる2年目の佐藤輝明選手を筆頭に、近本選手、大山選手など、投打ともにリーグトップレベルの戦力がそろっているのも事実。不調だった西投手や藤浪投手も復調傾向にある点も、プラス材料となりそうです。

advertisement

読売ジャイアンツ

 昨季は61勝62敗20分けと黒星先行の3位に終わった「読売ジャイアンツ」にとって、2022年は覇権奪回を目指す重要なシーズンといえるでしょう。そんな中、マット・シューメーカー投手とマット・アンドリース投手、元パイレーツのグレゴリー・ポランコ選手、米独立リーグ2年連続MVPのアダム・ウォーカー選手といった外国人選手を補強し、今季の巻き返しを図ります。

 また、優勝を目指すにあたっては、やはり現有戦力の底上げと若手の台頭も不可欠な要素。これまで多くの実績を積み上げてきた丸選手、岡本選手、菅野投手といった主力選手のコンディションも重要になってきます。特に、脇腹肉離れによって開幕戦の出場回避が濃厚となった坂本勇人選手が、いかに早期復帰できるかが、前半戦の行く末を左右しそうですね。

advertisement

まとめ

 ここまで、昨シーズンのセ・リーグ上位3チームを紹介しました。2020年シーズンは最下位となったヤクルトが昨季はリーグ優勝&日本一となるなど、長いペナントレースでは何が起こるかわかりません。そのため、予想も難しいとは思いますが、みなさんの期待や願望なども込めて、今年のセ・リーグで優勝すると思うチームにぜひご投票ください!

 また、各チームの優勝へのポイントや応援メッセージなどもコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしております!

2022年リーグ優勝すると思う「セ・リーグのチーム」は?
合計:185票
実施期間:2022/03/24 00:00 〜 2022/03/30 23:59
投票は締め切りました
出典「Amazon.co.jp」
出典「Amazon.co.jp」
週刊ベースボール 2022年 03/28 号"

週刊ベースボール 2022年 03/28 号

580円(07/05 16:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.